« としまえんの花火、今年は中止! | トップページ | 米Businessweek誌のトップブランド100における、AppleとSONY »

2005-07-20

HC1のHDVを扱うのにPM G5 デュアル2GHzで必要十分

PowerMacintosh G5 デュアル2GHzという、PowerMacの最低スペックのマシンで、HDR-HC1からの映像を取り込んでみました。
ちなみに、スペックはメモリ1.5G、取り込むHDはシステムディスクではなく、旧G4から移設したシーゲイトのシリアルATA160Gのハードディスクです。
カメラからのケーブルをG5前面にあるIEEE1394コネクタを使用。
今回はiMovie HDで実験。
G4 867を使用したときは、(速度1/4)と表示されました。
まぁ、その前に「このコンピュータではできまへん」と注意されちゃいますが・・・

で、2G デュアルでは・・・・ほぼ「リアルタイム」と表示され、実時間での取り込みが可能でした。
(ただし、音声が出ません。NV-DJ100からDV映像を取り込んでいた時はちゃんと取り込み中にも音声は再生されます)
iMovie HDとFinalCut Express HDではHDVのMPEG2-TSをApple InterMediate Codec(AIC)に変換します。
この変換作業にCPUパワーがかかるのでG4ではリアルタイムではできないのでしょう。

さて、ほぼ(リアルタイム)と書いたのは、途中で(速度3/4)と処理が間に合わなくなったシーンがありました。
これは、三脚にのせたカメラを約180度パンさせて景色を撮ったシーンを取り込んだ時でした。
DSC00009

他にも取り込み中カットが変わる時、一瞬画面が静止して走査線が荒くなったところがありました。
しかし、どちらの場合もすぐにリアルタイムと表示され取り込み作業は続きました。
取り込み後、リアルタイムで取り込めなかったクリップを確認しましたが、取り込まれた映像は特に問題は見られませんでした。
また、一瞬画面が止まった部分を何度か確認しましたが、破綻した映像はありませんでした。

これは私の想像ですが、AICに変換する時、瞬間的に画面がフリーズする信号が入ってきてもAIC変換プロセスの中でエラー補正がされるのかもしれません。
だとすると、Appleの廉価HD編集ソフトが映像をAICに変換する分、画質が落ちるという欠点よりエラー補正されて画面が瞬間フリーズする事を防いでくれた方が良いと思います。
まぁ、まだ数少ないテストでの結果なので、自信はありませんが。

« としまえんの花火、今年は中止! | トップページ | 米Businessweek誌のトップブランド100における、AppleとSONY »

ハイビジョン・ビデオカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44505/5070578

この記事へのトラックバック一覧です: HC1のHDVを扱うのにPM G5 デュアル2GHzで必要十分:

« としまえんの花火、今年は中止! | トップページ | 米Businessweek誌のトップブランド100における、AppleとSONY »