« 2005年8月22日 | トップページ | 2005年8月25日 »

2005年8月23日の1件の記事

2005-08-23

次世代DVD規格統一の交渉が決裂--「VHS対ベータ戦争」になんて、ならないよ!!

いつぞや、次世代DVD開発で、「HD DVD」陣営と「Blu-ray Disc」陣営が統一規格を!!という記事を日経がすっぱ抜きましたね。
しかし、案の定崩壊しました。
この標題の特集はCNET Japanが報じています。
記事中には読売新聞が報じていると記載されていましたが、本日の毎日新聞の一面にも載っていました。(新聞の一面を飾る様な事柄とはとても思えませんけど・・・)

DVDは多目的光ディスクと命名されていますが、多くの人にとっては、ビデオディスクとして認知されています。
なのにCNET Japanでは「VHS対ベータ戦争」の再来か・・・ですよ。
せっかくビデオディスクの対決なんですから、見出しでは「VHD対LD戦争」の再来かにしてくれれば良かったのに。
まぁ、VHD対LD戦争なんていう戦いがあったなんて、もう誰も覚えていないのかもしれませんね。

ところで、HDR-HC1blog仲間?の「HDR-HC1最安を探せ!!」さんが、「片方の規格だけしか持っていないと、それに賛同している映画会社の映画しか見ることができないことになりそうです。」と心配されているようですが、あまり心配される事はないですよ。
「HD DVD」陣営と「Blu-ray Disc」陣営なんてハードメーカー開発した企業は容易に換える事は出来ませんが、開発社以外のハードメーカーやソフトメーカーは様子見なんですから。
両陣営とも、ハリウッドのスタジオはうちの規格を採用・・・などとニュースリリースを出していますが、ソフトメーカーは両陣営からなんの制約も受けていません。
負け組陣営用にソフトを出したとしても、あとから勝ち組陣営向けのソフトを発売しても怒られませんから。
「HD DVD」を開発した東芝と関係のあるワーナーや「Blu-ray Disc」開発のSONY傘下のコロンビア・トライスターやMGM(UA)は最初はそれぞれの規格で次世代DVD用のソフトを発売するでしょうが、勝負がついたら、シェアの大きな方の規格で必ずソフトを供給しますよ。
なので、そんなに心配無用です。

それよりも、こんな状況だと消費者にそっぽをむかれ、次世代DVDの運命がLDの様に一部のマニア用としてあまり売れないかも。
ちなみに、MacintoshのAppleはSONYのBlu-ray Disc陣営ですので、HDR-HC1との連携は問題ないはずなんですけど。
次世代DVDがパソコンの大容量記録媒体としてしか使われない様にならないで欲しいです。

« 2005年8月22日 | トップページ | 2005年8月25日 »