« HDR-HC1が加わった、我が家のハイビジョン環境をご紹介 | トップページ | HDR-HC1とMacで作る"ハイビジョンDVD"? »

2005-08-18

トップガンのDVDが新装発売

映画「トップガン」のデジタル・リマスター版DVDが発売10月21日に発売になるそうです。
この作品ですが、トム・クルーズだけでなくメグ・ライアンが地味な役で出演しているし、E.Rで有名になったグリーン先生こと、アンソニー・エドワーズもトムの親友として出演しています。
制作はドン・シンプソンとジェリー・ブラッカイマーで、「フラッシュダンス」ではジョルジォ・モロダーを音楽に抜擢していますが、この作品ではモロダーの片腕だったハロルド・フォルターマイヤーが音楽を担当しています。
シンプソン・ブラッカイマーコンビはその後、「ビバリーヒルズ・コップ」でもフォルターマイヤーを登用していますね。
監督はリドリー・スコットの弟のトニー・スコット。
兄の作品がどこか芸術的なのに弟は徹底した娯楽派。
この作品、映画音楽としてもとても好きな作品です。
topgun

フォルターマイヤーは挿入歌を引き立てるためか、地味ですが緊張感を高める音楽で映画をもり立てています。
さらに、師匠のモロダーが作曲したベルリンの「愛は吐息のように」はその年のアカデミー主題歌賞も受賞しています。
この映画のためにフォルターマイヤーとモロダーは挿入歌のほとんどを書き下ろし、映画を盛り上げています。
以前、飛行機マニアの人と話した時、この映画でのアクロバット飛行は特筆物だそうで、指折りのパイロットが総結集しているそうです。
また、この作品はシネスコ上映されていますが、フィルムはほぼビスタで撮影されていた関係で、どれがオリジナル?と毎度話題になりますが、IMDBではスーパー35撮影の2.35:1となっていることから、制作者はシネスコを意図していたようですね。

« HDR-HC1が加わった、我が家のハイビジョン環境をご紹介 | トップページ | HDR-HC1とMacで作る"ハイビジョンDVD"? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44505/5520212

この記事へのトラックバック一覧です: トップガンのDVDが新装発売:

« HDR-HC1が加わった、我が家のハイビジョン環境をご紹介 | トップページ | HDR-HC1とMacで作る"ハイビジョンDVD"? »