« 2005年9月18日 | トップページ | 2005年9月21日 »

2005年9月19日の1件の記事

2005-09-19

チャーリーとチョコレート工場、見てまいりました

うちの"ふたご姫"にとって初の実写映画「チャーリーとチョコレート工場」を見てまいりました。
ユナイテッドシネマとしまえんで、お子ちゃま連れで見られるのは吹き替えのみなんです。
さらに私にとっても初の吹き替え版実写映画でもありましたが。
ティム・バートンらしい映画で楽しく拝見できました。
ただ、ダニー・エルフマンファンとしては、原語版ではエルフマン本人が歌っていた曲が、他人の吹き替えになってしまった部分が残念でしたが、"ふたご姫"たちは長めの上映時間にもかかわらず寝ずに最後まで見ていられたようで一安心でした。
残念ながらパンフレットは売り切れ。

ティム・バートンの次回作、「ティム・バートンのコープス・ブライド」の予告編も上映されてました。
バートンってカル・アーツ卒で、一時ディズニーにも在籍していた元アニメーターなので、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」など、人形アニメーションも製作してきています。
「ジャイアント・ピーチ」も製作していますが、なんとこの作品の原作はロアルド・ダールでしたね。

「ティム・バートンのコープス・ブライド」と「チャーリーとチョコレート工場」ってキャストがかなりだぶっています。

ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーターでしょ、クリストファー・リー。
俳優ではありませんが、「ティム・バートンのコープス・ブライド」で「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」同様ダニー・エルフマンが声優としても出演しています。

こちらも、"ふたご姫"と吹き替えで見に行こうかな?
実写映画がバートン作品ばかりって情操教育に良くないですかね?
チト心配。

« 2005年9月18日 | トップページ | 2005年9月21日 »