« HDR-HC1のために三脚を買ってまいりました | トップページ | 日本とアメリカでのiPod nanoの販売状況違い »

2005-09-12

チャーリーとチョコレート工場

うちの「ふたご姫」の映画体験はポケモン2作品と先日見に行った「マダガスカル」だけ。
ポケモンは日本が誇るセルアニメですし、マダガスカルはCGアニメ。
まだ人間が出てくる映画を見せていないんです。
そんな時、ちょうど良いタイミングで「チャーリーとチョコレート工場」が封切られました。
今週末からは連休が始まるので休みのどこかの日に連れて行こうと思っています。
charlie-jpn

いくつかの映画評を見る限りティム・バートン作品の割にあまり毒づいていないようなので、ちびっ子にも見せられそうだし、音楽はティム・バートンとコンビを組んでいるダニー・エルフマンが担当しているので私も見たいし。
ちなみに、この私はダニー・エルフマンのサントラ盤はほとんど全作持っているんですよ。

でも、この作品のサントラのジャケットは日米で大きく違いますね。
アメリカ版はこちらです。
charlie-usa

ティム・バートン監督でジョニー・デップ作品は
シザーハンズ
エド・ウッド
スリーピー・ホロウ
チャーリーとチョコレート工場と4本ありますが、何故かエド・ウッドだけは音楽をハワード・ショアが担当しています。
でも、ティム・バートンの次回作のコープス・ブライドもジョニー・デップは声優をしているので、もうすぐコンビ作は5本になりますね。

チャーリーとチョコレート工場は再映画化で、旧作は日本未公開でしたが、ショップではよく旧作のジャケットを見ていたので、どうもこのジャケットの印象が強くて・・・・

charlie-old

« HDR-HC1のために三脚を買ってまいりました | トップページ | 日本とアメリカでのiPod nanoの販売状況違い »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44505/5917867

この記事へのトラックバック一覧です: チャーリーとチョコレート工場:

« HDR-HC1のために三脚を買ってまいりました | トップページ | 日本とアメリカでのiPod nanoの販売状況違い »