« 2005年10月12日 | トップページ | 2005年10月15日 »

2005年10月13日の1件の記事

2005-10-13

新iPod発表、Jobsの狙いは "みせびらかし"か?

新iPodが本日未明に発表となりましたね。

iipod

iPodの液晶が大きくなり、アップルのサイトの写真を見ると、文字が小さくなったようで表示される文字数も多くなったのかな?
ディスク容量が大きくなるという予想もありましたが、最大容量の60Gは変らずだった点も残念でした。
だって、私のiTunesライブラリは70Gを超えているので、60Gでは・・・

さて、当然私もiPodユーザーです。
初めて購入したiPodはアップルのサイトによると、iPod (10 GB scroll wheel)というモデルでした。


こちらがその初代のお姿です。

ipod10G

初代のみが、プラスチック製のホイールが実際に回転するモデルです。
発売は2002年3月となっていますが、私が買ったのは次のタッチホイールが発売後に型落ちで値下げされた時期でした。
それでも、たった10Gなのに4万円以上したんですよ。(高っ!!)
しかし、残念ながら初代iPodは昨年急にお亡くなりになってしまい、急遽iPod (40 GB Click Wheel)を購入、現在も使用しています。
サブとしてiPod shuffle (512 MB)も購入して、軽いお出かけのときに重宝してます。
先日のセブ島旅行にはshuffleを持参しました。


   新iPodのお姿です

ビデオ再生やボディのサイズばかりが紹介されていますが、他にも今回大きく変った点があります。
ひとつは、これまでiPodでは使えていたFireWireが使えなくなり、USB2.0専用になってしまいました。

そして・・・
新iPodの写真をよく見たら、なんと リモコン 端子がないではありませんか。
nanoにもついていません。
シャッフルにも元々リモコンはないので、iPod全機種からリモコンがなくなりました。
(ドック接続時に使えるリモコンは発売になりますが・・・)

nanoくらいの大きさなら、本体そのものがリモコンくらいの小いささなので良いですけど、新iPodはフルスペックのiPodな訳で。
日本人の感情としては、本体をカバンに入れてリモコンで操作したいと思う人が多いと思います。
リモコンが使えなくて困るユーザーがいますね、きっと。

でも、これはきっとJobsの戦略なんですよ。
おそらくJobsは、アジア諸国のiPodのシェアが圧倒的な高さではないので、その対策にしたと思うんですよ。


それは私も含め、多くの日本人はiPodをバッグなどにしまって(隠して)持ち歩きます。
さらにリモコンがあればバッグにしまったままで操作できます。
すると、せっかくiPodユーザーなのに周囲にはなんのアピールもされません。

しかし、リモコンそのものがなくなれば、車内でiPodの操作をする時、バッグなどからiPodを取り出して操作するしかありませんから、知らず知らずに周りの人たちにiPodを見せびらかせることになりますよね・・・

こうしてたくさんの人たちにiPod本体を見せびらかすことによって、デザイン性の高いiPodは、自動的にアピールすることになり、シェアアップにつなげようと考えたのではないかな?
とってもカラフルだったiPod miniも、日本の女性の多くはminiをバッグの中に入れ使うので、せっかくのminiの色やデザインがアピールできませんでした。
しかし、本体からのリモコン端子を無くせば、iPod本体を取り出して操作するしかないので、iPodユーザーは自動的に周囲の人たちにみせびらかしてくれて、プロモーションになってシェアもあがる・・・?

でも、実際のところアップルがiPodからリモコン端子を廃止した真意はなんなのでしょうね?

« 2005年10月12日 | トップページ | 2005年10月15日 »