« 2005年10月25日 | トップページ | 2005年10月29日 »

2005年10月28日の1件の記事

2005-10-28

お待たせ! HDR-HC1で撮影した映像です

しばらくHC1の事を書いてませんでしたが、やっとセブ島でのケラレの映像をUPします。

しかし、なぜなかなか撮影した映像をUPしなかったかというと・・・

勝負テープのソニー のDVカセットを使ってもHC1で撮影済みのテープから静止画を切り出そうとすると、どうしてもテープを何度か往復させますから、テープに負担をかけます。
それでなかなか作業しなかったんですが。

でも、待てよ?
iMovieで静止画が保存できなかったっけ?
機能を確認、簡単でした。
普段使わない機能だったので、出来る事を忘れてました。
ただし、MacではHC1からHDV映像を取り込むとApple InterMediate Codecというコーデックで変換されたムービーになります。
なので、直切り出しより若干画質が落ちます。

今回の静止画は、iMovieで確認しつつ静止画で保存。
1920×1080ピクセルの静止画を横500ピクセルに縮小してあります。
サムネールは横300ピクセルです。

先月セブに行った時に撮った映像をまずは・・・
■HC1+PLフィルタ+Panaのワイコンではワイド端でケラレた
まずは、そのケラレの映像です。

cebu-kerare1

フレーム右上下の黒い影がケラレです
何故右側だけにケラレがでるかというと、これは手ブレ防止のためです。
cebu-kerare2

こちらの映像ではフレーム左にケラレがでてます
画面全体からすると、それほどケラレていませんが、ケラレの影が画面の四隅に上下左右で出たり入ったり動くのです。
これはちょっと目立ちましたね。
しかし、テレビではそんなに目立ちませんが。

cebu-kerare4

Panaのワイコンにはフィルタのネジが切られていませんので、ワイコンの前にPLフィルタは付けられません。
PLフィルタのは、通常のフィルタより厚いのでよりケラレが目立ったモノと思われます。
次回からはワイド端にしないようにすれば、ケラレの目立たない映像が撮影できるはずです。

■しっかりした三脚で運動会撮影
先週の土曜日に我が家のふたご姫の運動会がありました。
東京はあいにくの天気で、時折降る雨からカメラを守りながらの撮影は大変でした。


undoukai2

この映像は、Libec TH-650DVを使い撮影したものです。
かなり望遠側にしてもしっかり撮影できました。

運動会の途中からは雨が強くなったため、体育館に移動。
体育館内での撮影もテスト?できました。

undoukai1

注:画面真ん中ほどのボヤっとした緑色のモノは体育館のネットです

この映像からはわかりませんが、動画にすると館内の照明のフリッカー?が出てしまい、特に天井が写り込む床のテカリが周期的に明滅を繰り返してしまいました。
なるほど、証明が蛍光灯系の場合は気をつける必要がありそうです。

とはいえ、HC1の映像には十分満足のいくものでした。
問題は、私のフレーミング技術の未熟さでしょうね。
TH-650DVにしたので、カメラセットから瞬時にカメラを水平にできましたが・・・
地面を境に上下の比率がダメダメでしたね。
やっぱ、数をこなさなきゃダメだと実感!!
しかし、ワイド画面って慣れるまでが大変そうです。

10/30追記
ケラレの映像ですが、うちのテレビで見たら、「影」は見えませんでした。
おそらく、両端はテレビのセイフティーゾーン外なので、見えないみたいです。
今のテレビを使っている間は、問題なさそうです。
ところで、液晶とかプラズマは例えばHDVの1920ピクセルの映像の両端まで見えるんですかね?

« 2005年10月25日 | トップページ | 2005年10月29日 »