« 2005年12月4日 | トップページ | 2005年12月7日 »

2005年12月5日の2件の記事

2005-12-05

「ウォークマン体験日記」炎上が新聞に載ったそうです!

もう書くまいと思っていた、新ウォークマンの話題ですが・・・
Computer U Relaxさん経由で知りました。

地方紙ではありますが、新聞のコラムで「ウォークマン体験日記」炎上の話題が取り上げられたそうです。

Computer U Relaxさん、ありがとうございます。

ちなみに、私もコラムを書かれた阿部重夫氏同様、SONYのブランドイメージ低下を心配しています。
今回の新ウォークマン関連ではプロモーションだけでも、
発売日までの渋谷で50時間マラソンダンスから、炎上してしまった「ウォークマン体験日記」と来て、先週はこんなこともやっていたようですが、なんかパットしないイベントだったようで。
新聞に掲載されたときに、もっと絵になるイベントでないと、取材に来ても掲載されませんよ、SONYさん。
オーディオビジュアル系のネットでは取り上げられていますが、テレビのニュースや新聞にあまり取り上げられていなかったようですね。

sony1_2

この写真一枚では新ウォークマンのイベントだとはわかりませんね


渋谷とか六本木ヒルズでこんなイベントするんだったら、新ウォークマンを購入しちゃった方を安心させるイベントもしてあげてね。

Xbox360はMacintoshの遺伝子を持っているのか?

Appleは来年早々にインテルCPUを搭載したMacintoshを発表すると、話題になっていますね。
これまでモトローラの68KからPowerPCと非インテルCPUを搭載していたAppleのパソコンにインテルのCPUが搭載されるのです。
ところが、ゲーム機の世界では次世代ゲーム機とされるソニーとマイクロソフトのゲーム機はPowerPCベースのCPU(ソニーのPS3はセルですが)を搭載したゲーム機を発売しようとしています。
(任天堂のゲームキューブはすでにPowePCマシンで、次期マシンもPowerPCのようです)

そんなPowerPCベースのゲーム機、来週日本でも発売されるマイクソフトのXbox360のレビューが掲載されていました。

Xbox 360徹底解剖!――その2:初期設定・プレイ編

Xbox初号機はインテルのセレロン搭載だったのに、Xbox360はPowerPC搭載になります。
Appleとちょうど逆ですね。

で、このレビューでは、Xbox360の初期設定画面が数多く紹介されています。
その多くが、なんとなくMac OS X風なグラデーションを多用したアクアっぽいデザインなんですね。
(青っぽいいろはさすがに無い)
さらに驚くことに、ワイヤレスコントローラでゲーム機本体の電源を入れることができるというではありませんか・・・

キーボードからパワーオンキーが無くなってからのMacintoshは本体のスイッチを押さなければ電源をONにすることが出来なくなってしまいました。
以前のパワーオンキーを知るものとしては、ちょっと不便を感じていたところです。

ところが、ゲーム機とはいえ、マイクロソフトのマシンで、こんな起動方法が採用されるとは思ってもみませんでした。
ちょっとアクア風の画面といい、ワイヤレスリモコンからの起動と、本家よりよっぽどMacらしいゲーム機ではないでしょうか?

おそらくマイクロソフではXbox360の開発機材として最初Mac G5を使っていたので、開発者もMac OSXのような画面を作ってしまったのでしょうね。
ワイヤレスコントローラで電源ONができるというのは、開発用のMac G5のスイッチは本体にしかないので、もしかすると古くからのMacユーザーが設計者の中にいたのかもしれませんね。

そんなとても興味深いゲーム機ですが、私の年末は、ニンテンドーDSのゲームだけで十分なので、Xbox 360を買う予定はありません・・・

« 2005年12月4日 | トップページ | 2005年12月7日 »