« Appleさん、そろそろMPEG2編集に本腰を入れてください | トップページ | HDR-HC1用のリモコンが届きました »

2006-01-18

iLife'06購入! HDR-HC1の映像をiDVDでDVDにしました

私はこれまでもiMovie HDを使用して、HDR-HC1で撮影したHDV映像の編集について何度か、このblogで書いてまいりましたが、実はこれまでiDVDでHDV→DVDの作成はしたことが無かったんです。
それには理由がございまして・・・・
以前、MacのクイックシルバーG4 867を使用していた頃DVD化した時、編集済みのiMovie素材をDVDに変換するのに約8時間かかったことがありました。
それ以来、DVD変換恐怖症でして・・・

ビデオカメラをDVフォーマットのNV-DJ100から、HDVのHDR-HC1に換えてからも、画素数が増えてるからマシンがパワーアップしても時間がかかると思ったので、これまでDVD化しませんでした。

ところが、我が家のふたご姫も幼稚園の年長さんということで、そろそろ卒園。
お友達に差し上げるには3月のタイムリミットがあるので、この正月休みにはiDVDでDVDのオーサリングをし始めました。
さすがに、うちのマシンがG5デュアルということで、35分くらいのiMovieの素材で、焼きまで終わるのに1時間40分くらいで出来ました。
これで時間については一安心。
iDVDの操作法も徐々にアップしてきました。

しかし
■iDVDのワイドスクリーンに問題あり
昨年から使用していたiDVDはiLife'05に含まれていたiDVD 5でしたが、このアプリは、どうも16:9のワイド画面の扱いに問題があったようでした。
HDR-HC1で撮影し、PowerMac G5に取り込み、iMovie HDで編集後iDVD5でオーサリングという流れで作業を行いました。
出来上がったDVDを我が家にある、数台のDVDプレーヤーで再生すると、ちゃんと16:9で再生されるものもあれば、4:3の画面に縦長に再生されるものもありました。
iLife'05に含まれるiMovie HDとiDVD5はHDVに対応です。
ところが、焼きあがったDVDの画面サイズが再生するプレーヤーによってワイドだったりスタンダードになってしまうのです。
Macではちゃんとワイドの16:9画面なのに・・・

●iLife'06購入
IntelMacの発表で盛り上がった、先日のエキスポで、iLife'06が発表されました。
早速、2月の日本版正式発売の前に、アップルストアで英語パッケージを買ってきました。
当然、iMovieもiDVDもバージョンアップされていました。
iMovie HD(iLife'05)で編集した素材をiMovie6で開き、iDVD6でオーサリングしたところ、ワイドも問題ないDVDがついにできました。

iLife06
◆MPEG-2の扱いについて
前回、MPEG-2の扱いについてこのblogに書いたところ、コメントいただきましてありがとうございました。
私もMPEG-2のロイヤリティーがあるのでQuickTimeでは有料オプションになっていることは知っておりました。
私が言いたかったのは、素のOS Xの時にMPEG-2を無料で使いたいというのではではありません。
有料のiLifeに含まれる、iMovieでMPEG-2のファイルがちゃんと取り扱えるようにして欲しいと思っています。
というのも、普通のMPEG-2は扱えないのに、HDVは取り扱えますね。
HDR-HC1のHDVはMPEG-2 TSで、MPEG-2なのに。
今回のiMovie 6でも、MPEG-2には対応していないようですね。(ちゃんと確認はしてませんが)

« Appleさん、そろそろMPEG2編集に本腰を入れてください | トップページ | HDR-HC1用のリモコンが届きました »

ハイビジョン・ビデオカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44505/8216849

この記事へのトラックバック一覧です: iLife'06購入! HDR-HC1の映像をiDVDでDVDにしました:

« Appleさん、そろそろMPEG2編集に本腰を入れてください | トップページ | HDR-HC1用のリモコンが届きました »