« 2006年2月16日 | トップページ | 2006年2月21日 »

2006年2月18日の2件の記事

2006-02-18

2月にα DIGITAL ユーザーになった方へ

新宿ヨドバシ カメラ館には2/18現在、まだKONIKA MINOLTAの純正レンズ・アクセサリーがありましたよ。
さすがに単玉のレンズはありませんでしたが。

pf3600

私はプログラムフラッシュ3600HSを購入できました。
ストロボは3種ともまだ在庫ありです。
ソニーになってもストロボは再発売されるでしょうが、SONY印になるでしょうし。

オークションに不安があるαユーザーの方、急ぎましょう。

iTMSがもうすぐダウンロード10億曲だそうですが・・・

こちらを見ると、カウンターがものすごい勢いで増えてますね。
現在(06.2.18午前11時37分)で9億8千343万くらいです。
これはiTunes Music Storeでダウンロードされた楽曲数だそうですが、これホントの数字?

そんなことは良いとして、みなさんはiTunes Music Storeでダウンロードしてますか?

itunesstore

私はこれまでポチッとしたことないんです。
というのも、iTunes Music Storeで販売されている楽曲に作曲家が未入力だからです。
これは、私にとって由々しき問題です。

私が主に購入しているCDはサウンド・トラック盤です。
一般的なサウンドトラックの場合、作曲家が1人なのでiTunesの作曲家欄にちゃんと入力しています。
ついでに主題歌や挿入歌もライナーノートの小さな字を一生懸命入力してます。
CDDBのデータに、サウンドトラック盤の場合、作曲者名が入っている事もあります。
入っていない場合、入力してアップロードしています。
(そういえばiTunes Music Storeオープン当時は、ポップアップのジャンルメニューにサウンドトラックが無かったのですが、今は存在が認められたのか、サントラも選べるようになってますね)

しか〜し・・・
iTunes Music Storeで購入する楽曲を試聴する時に作曲者名を見ても空欄。
オンラインで購入するのですからライナーノーツなんていうものも付いてません。
従って、購入したら作曲者を調べて自分で入力しなきゃいけないわけで。

それを考えるとiTunes Music Storeでなかなかポチッとできないのです。
曲のデータ変換などはレコード会社がするはずなので、iTunes Music Storeのせいではありませんが、楽曲を提供している関係者の皆さん、音楽は作曲家がいなきゃ音楽になりません。
アーティストと同じくらい重要なデータなので、作者もちゃんと入力して提供してください。

« 2006年2月16日 | トップページ | 2006年2月21日 »