« 2006年5月11日 | トップページ | 2006年5月25日 »

2006年5月19日の2件の記事

2006-05-19

うちの屋上に使えるのかな?

サカタのタネが、環境にやさしい屋上緑化基盤材『エコキング』を新発売と発表していました。
20060518

我が家の屋上には現在、一枚30cm四方の西友で1枚99円の人工芝を敷いてあります。
しかし、最近は芝の一部が剥げてきているので、そろそろ張り替えも考えています。
ヘーベルハウスにもこのエコキングが使用できるなら、考慮したいですね。
問題は、1平米あたり17,000円程度というコストかな?

このブログを評価する

Final Cut Express HD が3.5にバージョンアップ

アップルがビデオ編集ソフト「Final Cut Express HD 3.5」を5月20日より発売すると、発表しました。

Boxshot_specs
価格は29,800円。アップグレード版は9,800円。

今回のバージョンアップの最大のポイントはIntel Macに対応したということですかね。

ところで、うちのMacはPowerMac G5 Dual 2.0で、まだPower PC Macです。
しかも、前回バージョンアップしてありますが、はたして今回バージョンアップする必要があるのでしょうか?

AVWatchの紹介文では、「マルチストリームエフェクトをリアルタイムで再生する「Dynamic RT」、オーディオ製作ツール「Soundtrack 1.5」、アニメーションやタイトル作成が可能な「LiveType 2.1」などを搭載した」と、なっています。
確かに前回のバージョンアップで、Final Cut Proに付属されていたSoundtrackやLiveTypeの旧版が付くようになり、Final Cut Expressの割安感が増大しましたが。

今回のバージョンアップで「エフェクトやトランジション、モーションパラメータなどをキーフレーム化可能で、スペシャルエフェクトを「お気に入り」として保存、別プロジェクトで適用できる。」とのことですが、一見すごいトランジションやエフェクトは私がよく撮影する日常の映像に使用しても、とても不自然だったり、エフェクトの方が目立つだけなので、自分としてはあまり使わないような気がします。

現状、iMovie HDで編集することが多く、Final Cut Expressと最近ごぶさたな私としては、今回のバージョンアップは悩みます。

いずれにしても、発売後のレポートを確認してから考えてみます。

このブログを評価する

« 2006年5月11日 | トップページ | 2006年5月25日 »