« 米クライテリオンから「七人の侍」DVD | トップページ | アメリカ版どうぶつの森と脳トレを買ってきてもらいました »

2006-08-15

デイズニー・アート展を見てきました

私、ディズニーの作品が好きです。
先日も「カーズ」を見てきましたが・・・って、「カーズ」はピクサーの作品であって、ディズニーではありませんが。

Disney_logo01

そんなディズニー好きな私が、本日東京都美術館で開催されているデイズニー・アート展を見てまいりました。
実は昨日行こうと思っていたのですが、例の停電事故で中止し今日に変更。
会場には11時半ごろ着きましたが、入場券を買う列で10分ほど、展示場に入るのに数分待たされる程度で混み方は予想の範囲でした。

展示内容は
「本展では、米ウォルト・ディズニー社が誇るアニメーション関連作品資料の収蔵・リサーチ機関、アニメーション・リサーチライブラリー(ARL)が所蔵する、門外不出のコレクション約350点と、2005年に千葉大学で発見されたオリジナル画のうち、丹念な修復を施した約200点の作品を一挙公開いたします。」
というだけあって、ほとんどが実際に映画のために作られた貴重な絵が展示されていました。
作品としては「眠れる森の美女」や「シンデレラ」が多いでしょうか。
他にも「わんわん物語」や「ダンボ」、「バンビ」といった、デイズニーアニメの全盛期の作品のセルや原画・背景画が展示されていました。

ただ、うちのふたご姫たちにとってはあまり馴染みがない古い作品ばかりのためか、途中で若干飽きてたかな?

「ディズニー・アート展」の収穫はメアリー・ブレア(Mary Blair)の存在を知った事ですかね。
後に絵本作家となったという彼女が、ディズニー時代に「不思議の国のアリス」や「シンデレラ」、「ピーターパン」のために描かれたコンセプトアートは、映画にはその作風がほとんど残っていませんが、デイズニーとは違った画風の絵は見事でした。
そんな彼女がディズニーに残した最も有名な作品は・・・ディズニーランドのイッツ・ア・スモール・ワールドですね。
建物正面の基本デザインや人形のデザインは全て彼女の手になるものだそうです。


ただ、一冊2800円也のパンフを買うために並んだのはチトつらかったなぁ

« 米クライテリオンから「七人の侍」DVD | トップページ | アメリカ版どうぶつの森と脳トレを買ってきてもらいました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44505/11453876

この記事へのトラックバック一覧です: デイズニー・アート展を見てきました:

« 米クライテリオンから「七人の侍」DVD | トップページ | アメリカ版どうぶつの森と脳トレを買ってきてもらいました »