« 今日は久しぶりのAppleまつり | トップページ | グアムの土産はニンテンドーDS »

2006-09-13

新しくなったiTunes

新しいiPod nanoや映画のダウンロードの事ばかりが取り上げられている今回のAppleのスペシャルイベント。
発表されたのは事前にリークされた情報にかなり近いものでしたね。
結局みなさんは予想通りでしたか?


そんな中、今朝ダウンロードした新しいiTunesのアプリケーションはこれまでとかなり変わりましたね。
今回のバージョンアップの大きさは、アイコンが変わったことからもわかります。
音符の色が緑から青になりましたね。
20060912itunes_image

新しいiTunesを起動したところ、ギャップレス再生用にライブラリを更新するじゃありませんか。
さてはiPod再生時にギャップレス(曲間なし)になるのか?
我が4Gの40G iPodでもギャップレスになるのかは・・・まだわかりません。
おそらく、シャッフル再生時にはギャップレスにはならないかもしれませんが、通常再生ならギャップレスになるかもです。
普通私はiPodでシャッフルオンリーなので、ギャップレスにはならないかな、やっぱり。
どうなんですかね。

ギャップレスにするには、ギャップレスにしたい曲をドラッグで複数曲選択し情報を見るでプロパテイを表示させると複数項目の情報というパネル右下に「ギャップレスアルバム」という項目があり、チェックすれば良いようです。
なんか、以前の「コンピュレーションの一部」みたいな表示です。

実はiPodで曲を聴いていてギャップレスで再生したいアルバムがあるんです。
それは、Donna SummerのOn the Radio(ベスト盤の方)です。
「ミッドナイト・エクスプレス」などの映画音楽家として好きなジョルジオ・モロダーですが、彼がドナ・サマーをプロデュースして大ヒットした曲をノンストップでつなげた(ダンスミックスですね)ベスト盤です。

これがまた、曲と曲の間をうまくつなげているんですよ。
リズムやテンポの違う曲をそれなりに曲間音楽を作って音楽のモーフィングとでも言うような感じで。
だから、iPodでシャッフル再生中にこのアルバムの1曲がかかっても、曲間ののりしろで切られちゃうんです。
残念ながらこのCD、廃盤のようで・・・残念

On the Radioのスタッフクレジットをよく見ると、曲間をつなげていたのは後に映画「トップガン」等で有名なハロルド・フォルターマイヤーが担当していたんですね。

私の着メロにもしているのが「ビバリーヒルズ・コップ」のテーマ曲の「アクセルF」。
これがフォルターマイヤーのベストヒットかな?

最近はCGになったカエルのプロモビデオでまた有名になってます。

誰も知らないでしょうが、フォルターマイヤーが担当したKuffs
のサントラも持ってます。
(しかし、中古価格高くなってるんですね)


押していただけるとうれしいです!→面白いと思われたら、ぜひクリックを〜

このブログを評価する

« 今日は久しぶりのAppleまつり | トップページ | グアムの土産はニンテンドーDS »

iTunes,iPod」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44505/11884954

この記事へのトラックバック一覧です: 新しくなったiTunes:

« 今日は久しぶりのAppleまつり | トップページ | グアムの土産はニンテンドーDS »