« 2006年9月21日 | トップページ | 2006年10月16日 »

2006年10月1日の2件の記事

2006-10-01

コニミノαユーザーに朗報

9/30にMac OS X 10.4.8がリリースされましたね。
ここんとこのバージョンアップはどっちかっていうと、Intel Mac向けのものだったりして、G5ユーザーとしては話題に乗れなくて寂しく思っておりました。

さて、10.4.8になっても「何がかわったの?」程度でしたがまあ、アップデートしておきました。
1001_softwareupdate


修正点は

EAP-FASTプロトコルを使用したワイヤレスネットワークとの接続
Apple USBモデムの信頼性
Microsoft WordでのOpenTypeフォント使用
他社製USBハブとの互換性
スキャナ利用時の性能
RAWカメラサポート
アジア圏言語でファイル名が付けられた書類ファイルのプリント
「翻訳」ウィジェットの性能
ブロードバンドネットワーク利用時の性能
セキュリティアップデート

ということで、自分に関係するのはUSB関係かな?
程度に考えていました。

良く修正点を読むと

RAWカメラサポート

とありますね。

以前OSのバージョンアップでRAWカメラサポートが修正された時は、コニミノαデジタルを差し置いてソニーのα100に対応して、ムッと来たので、これはきっと最近発売されたニコンやキヤノンのデジ一に対応ね・・・位に思っておりました。

今日、ふとRAWカメラサポートって書いてあった事を思い出して、α Sweet Digitalで撮影したRAWデータをダブルクリックしたら・・・・

なんと、アプリのプレビューが起動して画像を表示したじゃありませんか。

いゃー、久しぶりにAppleに感謝ですよ。
これでやっとiPhotoも拡張子MRWのコニカミノルタ製αで撮影したRAWデータに対応ってことです。
ちょっと対応が遅くなりましたが、これでコニミノユーザーとしてもひと安心でした。

10/2追記
Appleで詳細が発表されていました。
コニミノのRAWに対応した事についての詳細は
Adds RAW image decoding support for these cameras: Sony DSLR-A100, Nikon D2Xs, Fuji FinePix S2 Pro, Fuji FinePix S3 Pro (+Highlights) and Konica Minolta 7.
と、なっておりました。

Sony DSLR-A100ってのは、α100?
α100も今回対応だったのかな?
全文はココ


押していただけるとうれしいです!→面白いと思われたら、ぜひクリックを〜

このブログを評価する

ポケモン ダイヤをやってます

最近、更新してませんね・・・・

原因は、ニンテンドーDSです。
グアム島でMy DSを購入しちゃったのも原因ですが。
ついこの間までは、大堀君のマトリックス社が移植して大ヒット中のファイナルファンタジー3やってました。
なのでblogも更新せずにゲーム三昧。
反省

しかし、これで大堀君の会社はドラクエとFFの両方の移植をしたということで歴史に残りますね。
今回のFF3以前にPS2用の「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」の移植をしてましたから。

ただ、ゴメンね大堀君。
9/28にDSの大本命ソフトポケットモンスターが発売されちゃったので、FF3は休眠状態になってます。
ちなみにわが家では私がダイヤ、カミさんがパールをプレイ中。

ポケモン発売から10年たってますが、ここまでオリジナルのグラフィックを生かしたまま続編が作られている作品は初めてですね。
だって、グラフィックがゲームボーイの頃からのドットだし。
わざのエフェクトだけがCGっぽいだけ。
ポケモンの鳴き声だってビープ音ベースのチープなサウンド。

さすがです。
いいですよ、私は応援します。
ゲームの部分はあの時代のままですね。

この、ゲームボーイ生まれのお化けゲームはチープな音とグラフィックでPS3が発売される年に登場したなんて。
偉業すぎます。

そうそう、最近のポケモンでプログラム担当だった もりあきと君が今度のポケモンでどうしているか楽しみでしたがゲーム付属のリーフレットを見たら・・・通信担当としてクレジットされていますね。

一昨年11月のDS体験イベントでもり君とばったり会った時は既にポケモン作っているって言ってましたね。
私はまだ通信しておりませんが、もり君の事を思い出しながらゲームします。

大堀君、ポケモンが片づいたらまたFF3やるので、許してね。


押していただけるとうれしいです!→面白いと思われたら、ぜひクリックを〜

このブログを評価する

« 2006年9月21日 | トップページ | 2006年10月16日 »