« 2006年10月20日 | トップページ | 2006年11月2日 »

2006年10月23日の1件の記事

2006-10-23

ソニーのストリンガー会長、「ドジを踏んだ」と認める

最近のソニーをめぐる報道は、リチウムバッテリーの回収問題やゲーム事業の不透明さなどで散々ですね。
それに追い打ちをかけるように、日経新聞がこんな記事を掲載しておりました。
「ソニー、MGM買収で大きな誤算」米紙報道

ソニーがMGMを買収した時にも確かblogに書きましたが、どう考えても割に合わない買収だと思いましたが、内部ではとんでもないことになってたんですね。

記事に、「同紙によると、ソニーはMGMの4000本の作品を目当てに買収したものの、買収後、DVD市場でMGM作品のシェアが低下。これがプロビデンス・エクイティ・パートナーズなど共同出資者を怒らせ、ソニーは契約に基づきMGM作品の販売権を失った。」とのことですが、ソニーはMGM(ほとんどは旧ユナイト映画)を買収したのに、一時DVDがソニーに移行しましたが、またFOXに戻りました。
「同作品は現在、20世紀フォックスが販売している。」と、ありますが日本でも同様です。

20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン株式会社からはMGM作品の取り扱いに関するリリースがありました。

DVDの販売ルートがあっちに行ったりこっちに言ったりすると言う前代未聞のドタバタは、投資グループとのゴタゴタが原因だったんですか。
ストリンガー以下ソニーのエンターテインメント関係の首脳陣は、本当のMGM映画のDVD化権が現在のMGMにはない事を知らなかったんですかね?

« 2006年10月20日 | トップページ | 2006年11月2日 »