« 2006年11月22日 | トップページ | 2006年12月3日 »

2006年11月26日の3件の記事

2006-11-26

真賀里文子の全貌 トークショーに行ってきました

11/25に、ザムザ阿佐谷で開催された「真賀里文子の全貌」のトークショーに行ってまいりました。
真賀里さんは、人形アニメの第一人者でこの世界で45年やっているそうです。
主にコマーシャル作品が多く、最近ではドコモダケやコンタックのコマーシャルをなさっています。

会場のザムザ阿佐谷はうちから近いにもかかわらず、(ザムザのある)ラピュタ阿佐谷には初めて行きました。
実はネットで予約した時は直前にもかかわらず受付番号が若くて、「人が集まらないの?」かと心配でしたが、会場前には大勢の人が集まっておりびっくり。
列に並んでいても、おそらくは真賀里さんと仕事をされていたであろう方たちが多いようで、お互い挨拶されている方が大勢いらっしゃいました。

真賀里さん自身がご自分の作品を説明され、とても和やかなイベントでした。
人形アニメーション作家としての真賀里さんのお名前は昔から知っておりましたが、細かい作品歴までは知りませんでした。
デビューはなんと、持永只仁さん(日本の人形アニメの第一人者)のアシスタントとしてThe New Adventures of Pinocchio(1960)を手伝った事から人形アニメの世界に入ったそうです。
Newadventuresofpinocchiologo

最初はピノキオに出てくるコオロギを動かしたそうです。
IMDbで調べると、制作はランキン・バスプロだったんですね。
この人たちは、70年代ころ、日本のアニメ会社を下請けにして、多数のアニメ作品を制作しています。
残念ながらDVDはアメリカでも発売されていないようで。
なので、上映されたフィルムもボロボロでした・・・
(貴重)

そのほかにも、あまり人形アニメからはイメージしにくいカセットテープのコマーシャルの制作時の苦労話など、今だったらCGで簡単にできそうな映像を職人技と工夫で作ってきた制作話を楽しそうにされていました。
ところで、真賀里さんが持永さんについて語った時、最近本を出版されたことを紹介しておりましたが、見つけました。
こちらです。

どうも、会場には人形アニメ関係、広告代理店や制作プロダクションなど関係者も大勢いらしていたようです。
遠くにいらしたので確認できませんでしたが、我が師石上三登志さんもいらしたようです。
まぁ、石上さんは、元電通の方ですし本業のコマーシャル作品でもいっしょにお仕事されたのでしょう。


本当は、上映の方も見たかったのですが、今回は見られませんでした。
いつかまたこうした上映会をしてもらいたいですね。

ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト 購入

PS3争奪戦が続く今日この頃、わが家に6台目のニンテンドーDSが増えました。
わが家の初号機はカミさんが買ったポケモンセンター限定デザインの無印DS 。
昨年11月にはまだ楽々買えたアマゾンで私のニンテンドーDS ターコイズブルー を購入。
チビたちの分もニンテンドーDS Lite アイスブルー とニンテンドーDS Lite ノーブルピンクを購入、さらに9月にグアムで私が黒を購入。

すると、カミさんのみ無印だったので不満だったのか、「白いDSが欲しい」とわがままを・・・
もうすぐ12月で只でさえ不足気味のDSがさらに買えなくなる・・・と、元玩具業界にいたものとしては、11月中ならまだ買いやすいと判断。
昨日は、たまたまカミさんが人間ドックだったので、その間にチビたちと新宿ヨドバシカメラへ。
10時40分ごろにヨドバシカメラ新宿西口ゲーム館に到着。
思ったほど人はおらず、ほっと一安心。

でも、店内には既に行列ができていて、店員さんがマイクで「任天堂DSの黒と白は残りわずか。」とマイクで言っているではありませんか。
これまでも何度か、土日にヨドバシカメラに来ていて、午後2時くらいでもDSが販売されていましたが、価格コムのゲーム掲示板を見るとクリスマスが近づくにつれてPS3でも、Wiiでもなく、ニンテンドーDSを探している方の書き込みが目立ち、まだまだ品不足なのは知っていました。
なので、めずらしく朝早くに言ったのに、これです。
DSの人気恐ろしや。
私の前に3列になって30人ほど並んでました。
行列には15分程並びましたが、もうドキドキ。
だって、残りわずかとアナウンスされた黒と白のうち、先に黒が品切れ。
「白も残りわずか」と言われ、もし白が売り切れたら列から離れようと思ってました。
しかも、私のすぐ前の二人の男性も、「カノジョも白なんで白を買う」とか話してて、在庫が・・・

レジが見える程度になると、何色を買っているか手元を凝視。
「白はあとわずか・・」と、相変わらず店員のアナウンス。

さあ、もうすぐだと思った時、すぐ前の二人組は別々のレジに進むので、私の番がなかなか来ない・・・

で、やっと順番がきてレジで聞いちゃいましたよ。
「白、まだありますか?」
レジの店員さんは、ちょっと振り返り、自分の後ろの在庫を見て「はい、ございます」って・・・

ここで、「ピンクください」って言ったら、怒ったかな?
でも、そんな冗談言う余裕もなく、「白と常識」というと、やっと念願の白をゲット。

後で考えると、22日にオシャレ魔女 ラブandベリー ~DSコレクション~が発売されたので、当日の行列にはピンクを買う方が結構いたようで、私は残りわずかの白を買う事ができたようでした。

これからDSを買おうとする方へのアドバイス
12月に入ったら、入荷してもストックしちゃいます。
クリスマス用にね。
なので、私も11月中に買いに行ったわけですが。
ちなみに、ヨドバシがダメだったら南口のベスト電器に行こうと思ってました。
ここは路面店ではないし、東京人には未だ知名度が低くて意外と穴場なんですね・・・・

しかし、ベストでもダメなら、次はデパートを狙ってました。
デパートって、初代ファミコン時代から流通してたので、まだまだ任天堂系のパイプが太いし、今の人はまず量販店を狙うので、こういう場合デパートには結構残ってたりするんですよね。

以上、元玩具業界人のアドバイスでした。

3代目iPod注文しました

私のiPod生活は2002年頃に、当時型落ちとなった第一世代(スクロールホイール)10GのiPodを購入。
この頃はまだMac専用でしたし、タッチホイールより物理的にホイールのついているモデルの方がなんとなく、安心かと思い購入しました。
たしか、ヨドバシカメラのオンラインで購入したと思うのですが、購入履歴にはありませんでした。
購入金額も4万円ちょっと。
2代目は2004年10/16にやはりヨドバシカメラで第四世代のiPod40Gを購入。
容量は4倍でも、価格は10Gのものとそう変わらない44,940円でした。
以前もblogに書きましたが、先月このiPodも動かなくなり・・・・

それからは512GのiPod shuffleを使っています。
来年早々には第6世代目のiPodの噂もありました。
全面液晶画面のタッチスクリーン?と噂されていますが、まだ真相はわかりません。
そんな時、アップルストアの整備済み品コーナーに、第5世代のiPodが登場。
来年の新iPodの噂もあって悩んでいたら、数日で整備品は売れてしまったようでした。

整備品が売れてしまってから、考えました。
第6世代のiPodって今ある噂ではどうも映像再生の機能がアップしているようで、今のところiPodで映像を見ようという気はほとんどない自分には当分いらないんじゃないかと。

その後、毎日のようにアップルストアの整備品コーナーをチェックしてました。
すると、昨日久しぶりに出てたんですね、旧5GのiPodが。
旧ですから、液晶の明るさとバッテリー持続時間はさほど良くありません。
でも、価格ですよ、注目すべきは。

で、昨日注文した整備済みiPod 60G(ホワイト)は税込26,900ですよ。
iPOd nano 8Gは新品だと29,800円です。
nanoより安いんですよ、なんと。

なので、ポチっとしましたよ。

ちなみに、今朝見たら旧5G iPodはもう無くなってました。
みなさん狙っていたんですかね。

前回は数週間在庫があったとおもうので、もし整備済み品を狙っていたら、早めに決断を!!!

Apple Store(Japan)

Apple Store(Japan)

« 2006年11月22日 | トップページ | 2006年12月3日 »