« 2007年4月17日 | トップページ | 2007年5月7日 »

2007年4月19日の1件の記事

2007-04-19

ウォーキング始めてそろそろ2ヶ月

数年前から人間ドックの度に中性脂肪に高脂血症・高血圧といった、はやりの?メタボリックシンドロームの代表的な症状を指摘されてきていたのですが。
特に何もせずにいたら、さすがにお医者さんからきついお言葉をいただくようになってしまいました。
さすがにこれはまずいと思っていたところで読んだのがこの本。

この医師がすすめるウオーキングは人間ドックの医師である著者が、最も手軽な運動である「歩く」ことで内臓脂肪を減らし体重を落とすことでメタボな症状を改善された事例を元に、ウォーキングの良さを紹介している本です。

食餌療法・禁酒・禁煙といった堅苦しい方法ではなくウォーキングという簡単な運動によって改善への道を急がずじんわりすることを唱えてます。
人間ドックの医師として、食餌制限してもあまり守ってもらえなかった経験からあまり禁欲的な指導をしないんだそうです。

さて、本を読んですぐに歩数計を買って、まずは一週間普通に過ごしました。
すると私はだいたい一日の歩数は6000歩。
次の週からは、昼食後会社の近所をできるだけ歩くようにし、帰宅時に一つ前の駅で下車し一駅分歩くといった、この本で紹介されたウォーキングを続けてそろそろ2ヶ月。
ウォーキングの楽しさもわずかですが、わかってまいりました。
この本では一日1万歩のウォーキングを薦めていますが、今のところ平均9000歩ちょっとと若干少なめ。
まだまだ改善の余地ありですな。
今週末には先週採血した結果を聞きにまた病院に行きますが、少しでもメタボな症状が改善されていることを祈りたいです。
メタボでお悩みのかたにおすすめな本ですよ。

« 2007年4月17日 | トップページ | 2007年5月7日 »