« 2007年9月7日 | トップページ | 2007年9月23日 »

2007年9月8日の1件の記事

2007-09-08

MacでAVCHDビデオカメラ

AVCHDのビデオカメラが続々発売されています。
Macユーザーの方も気になる方は多いようで、「Mac,iMovie,AVCHD」といったワードで検索されて来られる方が多いです。
そんな方に、役に立ちそうな情報を
AVCHDとMacの対応をわかりやすくまとめているのがこちらのMacDTV.comさん。
Macでビデオ編集するにあたり、私も参考にさせていただいた老舗のサイト、
MacとAVCHDについて、こちらにまとめられています。

●本来iMovie 08でAVCHDビデオの編集ができるのはIntel Macのみなのですが、Voltaicというソフトを使うことでG4,G5などのPowerPC Macでも編集できます。
私もAVWatchからAVCHDビデオのサンプルを変換してiMovie 08に取り込めました。
でも、当然変換に時間がかかりましたが。

● AVCHDビデオに収録されたDOLBY 5.1chの音声がどうなるかはこちらで初めて知りました。

上記ページで紹介されているMac/ビデオ諸誌でもご活躍の斎賀さんのページにも、AVCHDビデオをiMovie 08で取り扱う秘技公開されています。

■AVCHDビデオには一部1920×1080のいわゆるフルハイビジョン規格のものがあります。
ところがiMovie 08では1920のビデオは扱えないとされていますが、斎賀さんのページではQuickTime 7 Pro for Mac OS Xを購入しておけば、アスペクトを修正して取り込めるそうです。
でも、これはiMovie 08の或る意味バグのようなので、いずれ修正されるかも?です。

■iMovie 08からは、テープに書き出しの機能がないのですが、斎賀さんの秘技を使えば
AVCHDビデオ→iMovie 08で編集→QuickTimeでApple Intermediate Codecを使って書き出し→iMovie HD 06にインポート→HDVにしてテープに記録
という、荒技でハイビジョンのままテープ書き出しができたそうです。

まぁ、AVCHDとしてテープ書き出ししてませんので、AVCHDカメラ以外にHDVカメラも必要という、一般では考えられない技ですが、できない訳じゃないということですか。

ただ、10月にバージョンアップするMac OS X 10.5になると、もう少しはAVCHDの取り扱いがラクになると思うんでけどね。

MacとAVCHDビデオで検索して来られた方、お役に立てましたか?

« 2007年9月7日 | トップページ | 2007年9月23日 »