« 2007年11月11日 | トップページ | 2007年12月1日 »

2007年11月12日の1件の記事

2007-11-12

Macに外付けHDD買い増しで、レパード受け入れ準備完了

昨日久しぶりに秋葉原に行って、Mac用にHDDとハードディスクケースを買ってきました。
ハードディスクケースはこちら。


ハードディスクケース eSATA/ FireWire800/ 400/ USB2.0対応【秋葉館オリジナル・SUPER COMBO】

内蔵するHDDはシーゲートの320Gを購入。

ちなみに、うちのPowerMacG5 Dual2.0 には、
元々のHDDがSATAの160GのMaxtor 6B160M0に
シーゲートのSATAの160GのST3160023ASを追加しています。

PowerMacG5に、FureWire800経由で最初に取り付けた外付けHDDはこれ。


ハードディスクケース FireWire800/ 400/ USB2.0対応【秋葉館オリジナル・トリプルインターフェイス】

これには、Maxtorの120Gを内蔵。ちなみにこのHDDはG4時代にストライピングで使っていた片割れ。
もう片方は早速とお亡くなりになりました・・・
さらに、今年になってバックアップ用としてこちらを追加。


ハードディスクケース 3.5"HDD x4/FireWire800対応 【センチュリー・ドライブドア TERA Macx】

このケースにHDDは4台入りますが、今のところシーゲートの500G2台をOSXのディスクユーティリティーでミラーリングしています。

なんか、秋葉館のものばかりですね。
買ったばかりのハードディスクケース eSATA/ FireWire800/ 400/ USB2.0対応【秋葉館オリジナル・SUPER COMBO】ハードディスクケース FireWire800/ 400/ USB2.0対応【秋葉館オリジナル・トリプルインターフェイス】と比べるとeSATAが追加になっていますが、価格はほとんど変わりません。
さらに、内蔵HDDがハードディスクケース eSATA/ FireWire800/ 400/ USB2.0対応【秋葉館オリジナル・SUPER COMBO】はSATAなのに、ハードディスクケース FireWire800/ 400/ USB2.0対応【秋葉館オリジナル・トリプルインターフェイス】はIDEです。
なので、今回はハードディスクケース eSATA/ FireWire800/ 400/ USB2.0対応【秋葉館オリジナル・SUPER COMBO】にしました。
秋葉館のこのタイプのケースは、ケース側のスイッチを入れておけばMac本体の電源が入れば通電されるし、Macをシャットダウンすると連動して電源がきれるのでとても便利です。
それと比べ、ハードディスクケース 3.5"HDD x4/FireWire800対応 【センチュリー・ドライブドア TERA Macx】はMacとの電源連動機能はありません。
しかも、HDDのスイッチオフは前面のスイッチを長押しする必要があり、ちょっと不便です。
しかし、4台内蔵できることと、ちゃんとファンも付いているのでHDDには良いしHDDの追加も前面ドアなので楽チンです。
で、昨日買ってきた320GのHDDにOSX10.5レパードをインストール予定です。
うまく動くようなら、追加した内蔵HDDと交換するつもりです。

« 2007年11月11日 | トップページ | 2007年12月1日 »