« 市川崑監督が死去 | トップページ | 西友のカーズ キャラクターカーにバリエーション発覚 »

2008-02-14

こんなもの作って何に使うの?

Sensha

今のところTK-Xというみたいです。

防衛省は13日、平成22年度からの装備化を目指し国産開発中の陸上自衛隊の新型戦車(試作車両)を、神奈川県相模原市にある同省の研究施設で報道陣に公開した。

日本軍が装備を予定している戦車だそうですが、税金でこんなもの試作して、どうするのでしょうか?
防衛省の人って日本が四方を海に囲われているのをお忘れなんでしょうか?
北朝鮮からのミサイルが怖いってさんざん言ってたじゃないですか。
戦車が必要な状況って、どっかの敵が上陸したって事ですよ。
もう手遅れだという事が日本軍はわからないのでしょうか?

そりゃ、私こういうもの嫌いじゃありませんけど。
軍事評論家の三根生久夫氏とお仕事した時も、自衛隊が使用している武器のこぼれ話をいろいろ聞きましたよ。
日本の兵器って実戦の経験が皆無なんですから。

でもね、こんな戦車7億円で作られても困りますね。
こちらを読むと三菱重工が作るそうで。
なんか、現在最新の90式戦車は重量が重くて北海道以外には配備されていないの?
しかし、今回発表されたTK-Xは軽くしようとしているのに、まだ重い。
さらに、量産されるともっと重くなる。
これってドイツ軍のエレファント戦車を目指してるんですか?
しかも、ネットワーク化もされるって、自衛隊員得意のwinnyを戦車にも装備するんでしょうか?

こんなの使って戦争ごっこやられても、納税者としては納得できませんね。

« 市川崑監督が死去 | トップページ | 西友のカーズ キャラクターカーにバリエーション発覚 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44505/40115771

この記事へのトラックバック一覧です: こんなもの作って何に使うの?:

« 市川崑監督が死去 | トップページ | 西友のカーズ キャラクターカーにバリエーション発覚 »