« HDR-HC1用のサブ三脚にマンフロットが欲しい!! | トップページ | カーズ キャラクターカー 全車がわかるサイト »

2008-03-08

広川太一郎さんのご冥福をお祈りします

名声優の広川太一郎さんがお亡くなりになったそうです。
まだお若かったのに・・・残念です。
ここ最近、CMとかでお声を聞いてないと思ったら、ガンだったんですか。

広川さんとは、20年近く前に一度だけお仕事をご一緒した事があります。
ある映画がビデオ化された時のテレビコマーシャルのナレーションのお仕事です。
映画予告編のナレーションを広川さんがなさったので、ビデオも映画配給会社さん経由でお安くお願いしてもらいました。(ギャラが一声100万円と聞かされていたので・・・)
皆さん同様、私も広川さんの独特のアドリブが大好きだったので、「なんちゃったりして・・」とかのフレーズを入れてはりきって台本を書きました。
収録当日は、Macユーザーのディレクターとともに緊張しましたよ。
広川さんは、予定通り昼前にいらっしゃって私のつたないナレーション原稿を読み上げてくださいました。
私は「ダンディ2・華麗な冒険」のトニー・カーティス風の台本を書いたのですが、広川さんからは15秒CMで、これでは言葉が多すぎて見ている人はわからないといわれ、結局1/3くらいの分量に減らされてしまいました。
さすがプロの広川さんは一発OKでナレーション収録はおわりました。

収録がちょうどお昼前だったので、お弁当を用意して一緒に食べました。
食事中、広川さんに「映画「男はつらいよ」にご出演されてましたよね?」と聞いたところ、ご本人は「よくご存知ですね?私もファンの方に言われて思い出したんですよ。」とのこと。
ご存知のように、広川さんは「男はつらいよ」の一作目で渥美清さんの妹、さくらのお見合いの相手として出演されていました。
ちゃんと広川さんとして映画にクレジットされてましたし。
でも、ご本人曰く、大学の先輩から声をかけられて軽い気持ちで出演されたそうです。
なので、映画に出ていた事もすっかり忘れていたそうです。
今でこそ、「男はつらいよ」は国民的な映画として知られていますが、その一作目の制作時にそんな歴史的なシリーズになるなんて、誰も思ってなかったんでしょうね。

結局ナレーション収録そのものはあっという間に終わり、時間的にはお弁当を食べていた時間の方が長かったんですね。
広川さんはお弁当を食べ終わると、「次の仕事がありますので」と言われてあっというまにスタジオをあとにされました。

20年近く前で、たった一度のお仕事でしたし、そのご一緒した時間もほんのわずかでしたが、とても印象に残る瞬間でした。

あ〜あ
とっても惜しいですね。
とっても残念ですね。

合掌

« HDR-HC1用のサブ三脚にマンフロットが欲しい!! | トップページ | カーズ キャラクターカー 全車がわかるサイト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44505/40430311

この記事へのトラックバック一覧です: 広川太一郎さんのご冥福をお祈りします:

« HDR-HC1用のサブ三脚にマンフロットが欲しい!! | トップページ | カーズ キャラクターカー 全車がわかるサイト »