« 妙正寺公園付近のサクラ | トップページ | MacでもHDC-SD9が使えるみたい・・・ »

2008-04-07

オメガマンとレインボーマン、逝く

チャールトン・ヘストン氏に続き川内康範氏がお亡くなりになりました。
川内康範氏は享年88歳、チャールトン・ヘストン氏は84歳だったそうです。
合掌


私、チャールトン・ヘストンの「ベン・ハー」はーが大好きな作品です。
残念ながらテアトル東京で上映されたシネラマ版は見られませんでしたが、一応スクリーンで上映されたものは見ております。
ただ35mm版での上映らしく、オーバチュアもインターミッションもなし、という残念な形での上映でしたが・・・・
「ベン・ハー」はMGMカメラ65システム(後にウルトラ・パナビジョンと改名)で撮影された初の作品でして、元々縦横比1:2と横長の70mmフィルム(撮影時のネガは65mm)に、シネマスコープで使用するアナモフィック・レンズを取り付けてさらに横に広げた超横長スクリーンサイズ(1:2.76)なんです。
4:3のテレビで見ると画面の2/3は黒味で、映画は帯のようです。
16:9のテレビで見ても天地の黒味が目立ちますよ。

ところで、新聞などの経歴では、川内康範氏は月光仮面、チャールトン・ヘストン氏はペン・ハーか十戒のモーゼ役を中心に報道されていましたが、「月光仮面」以上に川内康範氏の仏教感がよく現れている作品として「愛の戦士レインボーマン」と「正義のシンボル コンドールマン」もあったのに・・・
チャールトン・ヘストン氏にしても、せっかく最近「アイ・アム・レジェンド」でリメイクされた同原作の映画化作「地球最後の男オメガマン」も紹介して欲しかったですね。


« 妙正寺公園付近のサクラ | トップページ | MacでもHDC-SD9が使えるみたい・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44505/40806272

この記事へのトラックバック一覧です: オメガマンとレインボーマン、逝く:

« 妙正寺公園付近のサクラ | トップページ | MacでもHDC-SD9が使えるみたい・・・ »