« いたばし花火を有料指定席で見た(花火の写真もうまく撮れました) | トップページ | iMovie '08 互換カメラ »

2008-08-16

ダークナイトはすごい映画でした

現在アメリカで大ヒット中の新バットマンシリーズ2作目「ダークナイト」ですが、評判通りすばらしい映画でした。
私の最初のバットマン体験はロイ・ジェームスがナレーションをしていたアメコミまんまのテレビ版「バットマン」でした。
もちろん、ティム・バートン=ダニー・エルフマンコンビの前シリーズも見ています。
バートン版「バットマン」でさえ、ダークな作品といわれつつも原作がコミックであることを前提に作られた作品でした。
しかし、クリストファー・ノーラン監督の「ダークナイト」はバートン版や前作「バットマン・ビギンズ」と比較にならないほどダークな作品に仕上がっています。
コミックヒーロー映画というと、荒唐無稽な設定からストーリーも現実的ではなくなってしまうものですが、「ダークナイト」に登場する犯罪はリアルにありそうな設定を使っています。
元々バットマンのコミックが、いわゆる超能力を持ったヒーローではなく、生身の人間が蝙蝠をイメージしたコスチュームを着て悪と戦うという珍しい設定でした。
「ダークナイト」では、コミックヒーローものの痕跡は、バットマンがマスクを脱ぐか・・・というストーリーくらいしか残っていません。
それ以外、今作のビランであるジョーカーやジョーカーの周囲の悪党どもなどの言動はこれまでの勧善懲悪のヒーローものとは大きく違っていました。
もしかすると、私の今年のベストワン作品になるかもしれません。

ところで、「ダークナイト」のおんがくですが、「ビギンズ」に続きハンス・ジマーとジェームズ・ニュートン・ハワードの担当です。
ベースに流れるメロディーは「ビギンズ」と同じですが、低く繰り返し流れる旋律は、映画の雰囲気をさらにダークにして魅力的でした。

iTunes Storeで試聴もできます

ハンス・ジマー & James Newton Howard - The Dark Knight (Original Motion Picture Soundtrack)

映画で効果的に使われていたテーマ的な旋律はジマーらしさも出ていますが、この曲のプロモーション映像がYouTubeにありました。
興味深いのは、この作品のサントラ全般に印象的に使われている低い太鼓の音です。
今回この映像を見たら、どうも和太鼓によるもののようです。
これは、ジマーが「ラスト・サムライ」の音楽を担当した時に使ったからなのかもしれませんね。

バットマンカー
しかし、「ダークナイト」で残念だったのが、前作でデビューした新バットマンカーが壊れてしまったことです。
伝説のテレビ版バットマンでは、リンカーン・フューチュラ(1955 Lincoln Futura)というコンセプトカーの改造版でした。
いかにも、未来的でよかった・・・


1966TVシリーズBATMOBILE!BATMAN(バットマン) '66BATMOBILE(バットモービル) 

「ダークナイト」で壊れてしまいましたが、こちらは現実的なデザインのビギンズ版。

THEダークナイト★バットモービル

黒い塗装される前の迷彩バージョンも出ています

バットマン ビギンズVerバットモービル

« いたばし花火を有料指定席で見た(花火の写真もうまく撮れました) | トップページ | iMovie '08 互換カメラ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44505/42187756

この記事へのトラックバック一覧です: ダークナイトはすごい映画でした:

« いたばし花火を有料指定席で見た(花火の写真もうまく撮れました) | トップページ | iMovie '08 互換カメラ »