« 2009年1月8日 | トップページ | 2009年1月18日 »

2009年1月12日の2件の記事

2009-01-12

ディズニー/ピクサー 劇場用新作映画は3-D

Upposter1

わが家では、今年になってからやっと「ウォーリー」を見たばかりですが、次のディズニー/ピクサーの劇場用新作アニメはこの「アップ」(UP)。
ポスターを見ると、今回はどうも3D上映が目玉になるようです。
ということは、見に行く時は3D上映の劇場に行った方が良いんですね。
(3-D映画の方式は数方式ありますが、ディズニーはセンター・オブ・ジ・アースと同じReal Dシステム方式の様なので、センター・オブ・ジ・アースを3Dで上映していた劇場なら3Dでも上映されそうですね)

3D映画についてはこちらで。

「近目のマグー」似のフレディクセンおじいさんの声をエドワード・アズナーが、他に「サウンド・オブ・ミュージック」のクリストファー・プラマーも声の出演をしているようですが、ピクサー常連のジョン・ラッツェンバーガーもちゃんと出演しているようです。
監督は「モンスターズ・インク」のピート・ドクター。
ちなみにピート・ドクターは、「ウォーリー」で脚本を担当してましたね。
でも、この作品はブラッド・バード監督作品ではないのに、音楽はマイケル・ジアッチーノ。
日本では夏公開かな?

ティーザートレーラー

トレーラー

人気テレビ番組ET(Entertainment Tonight)で"UP"が紹介された時の映像。

ディズニー/ピクサーの来年2010年の公開予定の作品は「トイ・ストーリー3」です。
これも楽しみ・・・


ヒース・レジャーやスプリングスティーン受賞!! 第66回ゴールデングローブ賞発表

そうか、日本では成人の日で祝日ですが、アメリカでは今年のアカデミー賞を占うには最適の、ゴールデングローブ賞が発表されました。

サントラがらみで気になったのは・・・

ダークナイト」を共作したハンス・ジマーとジェームズ・ニュートン・ハワード両人が別々の作品「フロスト×ニクソン」と「デファイアンス」でノミネートされていましたが、惜しくも最優秀賞の受賞は逃してしまいましたね。
ロン・ハワード監督の「フロスト×ニクソン」は作品賞も逃して・・・
アカデミー賞受賞に黄色信号が灯っちゃったかな?

でも、「ダークナイト」からは当然のようにヒース・レジャーが助演男優賞を受賞。
実はDVDで「ダークナイト」を昨晩見直したばかりでした。
またまた「ダークナイト」の話題がマスコミを賑わしそうです。

で、今回作曲賞を受賞したA・R・ラフマーンっていう人を知りませんでしたが、なんとあの「ムトゥ踊るマハラジャ」(1995)の音楽を担当した方なんですね。
ということは、インドの人なんですか。
ノーマークでしたね。
allcinemaでこれまでの作品リストを見ると、最近はインド以外の仕事をしていたんですね。

エリザベス:ゴールデン・エイジ (2007)
ヘブン・アンド・アース (2003)
ラガーン (2001)<未>
パダヤッパ いつでも俺はマジだぜ! (1999)  
ジーンズ/世界は2人のために (1998)  
インドの仕置人 (1996)<未>  
インディラ (1995) 音楽  
ムトゥ踊るマハラジャ (1995)  
ボンベイ (1995)

でも、日本での公開作が限られちゃうのでわかりませんでしたが、実はこんなにお仕事してたんですよ・・・


そして、主題歌賞はミッキー・ロークが主演男優賞を受賞した「ザ・レスラー」の主題歌で、お久しぶりのブルース・スプリングスティーンが受賞してますね。
でも、この作品サントラは出てないようで、スプリングスティーンの新作アルバムに主題歌は収録されるようです。

邦題込みのリストはeiga.comさんのニュースから
全ての受賞者リストはこちら
受賞は★印

▽作品賞(ドラマ)
「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」
フロスト×ニクソン
「愛を読むひと」
「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」
★「スラムドッグ$ミリオネア」

▽作品賞(コメディ/ミュージカル)
「バーン・アフター・リーディング」
「ハッピー・ゴー・ラッキー」
「イン・ブルージュ」
「マンマ・ミーア!」
「ビッキー・クリスティーナ・バルセロナ」

▽主演男優賞(ドラマ)
レオナルド・ディカプリオ(「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」)
フランク・ランジェラ(「フロスト×ニクソン」)
ショーン・ペン(「ミルク」)
ブラッド・ピット(「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」)
★ミッキー・ローク(「ザ・レスラー」)

▽主演女優賞(ドラマ)
アン・ハサウェイ(「レイチェル・ゲッティング・マリード」)
アンジェリーナ・ジョリー(「チェンジリング」)
メリル・ストリープ(「ダウト」)
クリスティン・スコット・トーマス(「アイブ・ラブド・ユー・ソー・ロング」)
★ケイト・ウィンスレット(「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」)

▽主演男優賞(コメディ/ミュージカル)
ハビエル・バルデム(「ビッキー・クリスティーナ・バルセロナ」)
★コリン・ファレル(「イン・ブルージュ」)
ジェームズ・フランコ(「スモーキング・ハイ」)
ブレンダン・グリーソン(「イン・ブルージュ」)
ダスティン・ホフマン(「ラストチャンス・ハーベイ」)

▽主演女優賞(コメディ/ミュージカル)
レベッカ・ホール(「ビッキー・クリスティーナ・バルセロナ」)
★サリー・ホーキンス(「ハッピー・ゴー・ラッキー」)
フランシス・マクドーマンド(「バーン・アフター・リーディング」)
メリル・ストリープ(「マンマ・ミーア!」)
エマ・トンプソン(「ラストチャンス・ハーベイ」)

▽助演男優賞
トム・クルーズ(「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」)
ロバート・ダウニー・Jr.(「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」)
レイフ・ファインズ(「ある公爵夫人の生涯」)
フィリップ・シーモア・ホフマン(「ダウト」)
★ヒース・レジャー(「ダークナイト」)

▽助演女優賞
エイミー・アダムス(「ダウト」)
ペネロペ・クルス(「ビッキー・クリスティーナ・バルセロナ」)
ビオラ・デイビス(「ダウト」)
マリサ・トメイ(「ザ・レスラー」)
★ケイト・ウィンスレット(「愛を読むひと」)

▽監督賞
★ダニー・ボイル(「スラムドッグ$ミリオネア」)
スティーブン・ダルドリー(「愛を読むひと」)
デビッド・フィンチャー(「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」)
ロン・ハワード(「フロスト×ニクソン」)
サム・メンデス(「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」)

▽脚本賞
★サイモン・ボーフォイ(「スラムドッグ$ミリオネア」)
デビッド・ヘアー(「愛を読むひと」)
ピーター・モーガン(「フロスト×ニクソン」)
エリック・ロス(「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」)
ジョン・パトリック・シャンレー(「ダウト」)

▽作曲賞
アレクサンドル・デプラ(「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」)
クリント・イーストウッド(「チェンジリング」)
ジェームズ・ニュートン・ハワード(「デファイアンス」)
★A・R・ラフマーン(「スラムドッグ$ミリオネア」)
ハンス・ジマー(「フロスト×ニクソン」)

▽主題歌賞
“Down to Earth” 、詞曲ピーター・ガブリエル(「ウォーリー」)
“Gran Torino”、曲クリント・イーストウッド(「グラン・ トリノ」)
“I Thought I Lost You”、詞曲マイリー・サイラス(「ボルト」)
“Once in a Lifetime”、詞曲ビヨンセ・ノウルズ(「キャデラック・レコード」)
★“The Wrestler”、詞曲ブルース・スプリングスティーン(「ザ・レスラー」)

▽外国語映画賞
「バーダー・マインホフ・コンプレックス」(ドイツ)
「エバーラスティング・モーメンツ」(スウェーデン/デンマーク)
「ゴモラ」(イタリア)
「アイブ・ラブド・ユー・ソー・ロング」(フランス)
★「バシールとワルツを」(イスラエル)

▽アニメーション映画賞
「ボルト」
「カンフー・パンダ」
★「ウォーリー」

« 2009年1月8日 | トップページ | 2009年1月18日 »