« Macworld Expo 2009でわかった、iMovie '09の進化 | トップページ | ヒース・レジャーやスプリングスティーン受賞!! 第66回ゴールデングローブ賞発表 »

2009-01-08

iMovie '09、期待して良いみたい

iMovie '08はユーザーの反応は散々でしたが、iMovie HDと比べてDVDのチャプター付けやタイトルやトランジッションの数が減ったりしたところは不満でしたが、私はコンセプトは良いと思ってました。
それは、簡単になんども編集ポイントを変えることができたからです。
実際のテープやフィルムを切ったり貼ったりしない、ノンリニア編集するのがDTVな訳ですから、その利点が生かされなきゃね。

それが、今回の'09のデモビデオを見ると、編集機能はさらにブラッシュアップされているようですね。
実際に使わないと、本当の感想は書けませんが、今度は期待できそうです。

Macお宝鑑定団blog[羅針盤]さんのレポートには、アップルのページでも詳細な説明の無かった機能を実際のエクスボの会場で確認されていました。
それによると、Picture in Pictureやグリーンバック、チャプターマーカーができると・・・
って、チャプターマーカー復活ですか。

このことが確認できただけで、もう買いですね。
そしてこれまでなら、FinalCut ExpressからでしかできなかったPicture in Pictureもできるとは。

最後に、アップルも今回はがんばっていることが確認できました。
それは、iMovie '09のページに、「ご利用のビデオカメラはiMovieに対応していますか?」という言葉からiMovie '09とビデオカメラの互換性リストにリンクがされてました。(ただ、ページの標題はiMovie '08: ビデオカメラのサポート ですが・・・)
しかも、リンクされていたのはアメリカ版最新互換リストの日本語バージョン。
更新日付は09/01/08とできたてほやほや。
アメリカのページも確認したら、アメリカの最新更新日付は08/12/15。
今回はやることが早いね。
ちなみに、アメリカでも、ページの標題はiMovie ’08: Camcorder Supportなので、日本が悪い訳じゃないですよ。

さて、期待できるiMovie '09が入ったiLife '09の発売日はいつになるのかな?

« Macworld Expo 2009でわかった、iMovie '09の進化 | トップページ | ヒース・レジャーやスプリングスティーン受賞!! 第66回ゴールデングローブ賞発表 »

Macintosh」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44505/43682724

この記事へのトラックバック一覧です: iMovie '09、期待して良いみたい:

« Macworld Expo 2009でわかった、iMovie '09の進化 | トップページ | ヒース・レジャーやスプリングスティーン受賞!! 第66回ゴールデングローブ賞発表 »