« どうやらパンドラの箱をあけちゃったようだ・・・ | トップページ | iMac 27インチCore i5 or i7購入計画途中経過報告 »

2009-12-06

バニシング・ポイントのDVD

1971製作の「バニシング・ポイント」(VANISHING POINT)という映画がありまして、私は試写会で見てけっこう好きだった作品なんですね。

お話はデンバーからサンフランシスコまで15時間でダッジのチャレンジャーという車に乗っていけるかという賭けをするというもの。(車がダッジチャージャーじゃなくて、チャレンジャーってのも良かった)
出演者は主役を バリー・ニューマン、スピード違反をしまくるニューマンを応援するラジオのDJをクリーヴォン・リトルが演じていましたが、この両人のこと、きっとどなたもご存じないでしょうね。

とはいえ、とにかく当時は好きだったんですよ。
その後もこの映画の監督のリチャード・C・サラフィアン作品を結構見ました。
中でも「ロリ・マドンナ戦争」がお気に入りでした。

ただ・・・
あの問題作を撮っちゃったんですよね。
それは「クライシス2050」。
このほぼ日本映画(製作費のほとんどを学研やNHKなどが出資)の「クライシス2050」は残念な映画でした。
なんたって、アメリカで公開されたバージョンでは監督名がアラン・スミシーになっちゃいましたから。本人も気に入らなかったんでしょう。
でも、息子さんのデラン・サラフィアンは「ターミナル・ベロシティ」等の監督でがんばってます。

さて、その映画のDVDが発売されます。(実は通常版の[DVDBlu-rayは以前から発売されてます)
この映画20世紀FOX作品なんですが、今回ご紹介しているバニシング・ポイント コレクターズ・エディションだけはキングレコードから発売されます。
このバニシング・ポイント コレクターズ・エディションの特徴は・・・
キングレコードが発売していた当時のサントラがCDになりましたが、DVDのおまけで付いている所なんです。

収録曲は
1.スーパー・ソウルのテーマ-J・Bピッカーズ
2.俺とあの娘-ボビー・ドイル
3.どこへ行こうか-ジミー・ウォーカー
4.ウェルカム・トゥ・ネヴァダ-ジェリー・リード
5.わがイエス-セガリーニ&ビショップ
6.ランナウェイ・カントリー-ダグ・ディラード・エクスペディション
7.ユー・ガット・トゥ・ビリーヴ-デラニー&ボニー&フレンズ
8.ラヴ・テーマ-ジミー・ボーウェン・オーケストラとコーラス
9.ソー・タイアード-イヴ
10.表現の自由-J・Bピッカーズ
11.ミシシッピ・クィーン-マウンテン
12.イエスへの叫び-ビッグ・ママ・ソーントン
13.オーヴァー・ミー!-セガリーニ&ビショップ
14.バニシング・ポイント-キム&デイヴ

さすがに劇伴は収録されておらず、劇中でDJがラジオの番組でかける設定の曲です。
当時輸入盤のアナログLP盤のサントラは持っていましたが、CDは持っていないんですね。
念のため、サントラ盤の有無を調べたら、2002年にイギリスでCDが出ただけで現在なかなか手に入りそうにないんですね。

こないだカーズのキャラクターミニカー欲しさでアメリカ版Blu-Rayを買ったくらいなので、この商品も買おうかな?

« どうやらパンドラの箱をあけちゃったようだ・・・ | トップページ | iMac 27インチCore i5 or i7購入計画途中経過報告 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44505/46946187

この記事へのトラックバック一覧です: バニシング・ポイントのDVD:

« どうやらパンドラの箱をあけちゃったようだ・・・ | トップページ | iMac 27インチCore i5 or i7購入計画途中経過報告 »