« 2010年4月7日 | トップページ | 2010年4月15日 »

2010年4月11日の1件の記事

2010-04-11

RICOH CX1用のケース(ポーチ)にロープロ・テラクライム30(Lowepro Terraclime 30)を購入

Case1

今日は新宿ヨドバシにRICOO CX1用のケースを探しに行ってまいりました。
希望としては、BUILT NY HOODIEとかCRUMPLER The Thirsty Al のような、ネオブレン製のケースを考えていました。
でも、ヨドバシには残念ながらクランブラーのコンデジ用ケースは見あたりませんでした。

BUOLTのケースはあったんですが、試しに持参したカメラを入れてみましたが、RICOH CX1は最近のデジカメにしては厚みがあるため、どう考えてもパツンパツン。
カメラを保管するだけなら良いのですが、いざ撮影という時にカメラを取り出すのに少し苦労しそうだったので、やめました。
他に良いケースはないかと探したところ、あの有名なカメラアクセサリーメーカーのロープロ(Lowepro)から出ているテラクライム30というケースを発見。
色は、3色あるようでしたが、店頭には黒以外の2色しか無く、私は淡いグリーンのグラスを購入しました。

今回は出来るだけベルクロを使っていないケースを物色しました。
CX1用の純正ケースに使われているマグネット式も良いのですが、汎用ケースにはなかなか無いんですよね。
で、このテラクライム30のふたはS字のフックを使っているため、開閉時に余計な音がしないんですね。
このユニークな所も気に入りました。

Case6

テラクライムはナイロンかと思ったら、95%がPETボトルのリサイクル素材だそうです。

製品には首から提げられるネックストラップも付属していましたが、私は鞄につけていたカラビナをつけてみました。
これでいつも持ち歩けそう。


Case2_2

今回このケースを選んだ理由の一つがアクセサリー入れ。
このテラクライム30には、内側に2つのメモリーカードポケットが付いていました。
ただ、8Gのカードを使っているので、1枚に入りきらないほど撮らないので、予備バッテリー入れに使おうと思います。
(まだ予備バッテリーは買ってません・・・)


Case3

ちなみに、カメラを入れない時のお姿はこんな感じ。


Case4

最後になりましたが、エコということで、ストラップホールも金属やプラスチックではなく、本体と同じような紐で出来てました・・・


Case5_2

本当はもう少し今漠と名ケースの方が良かったんですが。
でも、余計なふくらみが少ないので、良い感じです。
ともかく、大事なカメラを守って欲しいと思います。

« 2010年4月7日 | トップページ | 2010年4月15日 »