« 映画「カーズ2」(Disney Pixar Cars2)の公開は7月30日で〜す | トップページ | CMソングのCDを買ってみようかな »

2011-02-19

宮城まり子さん監督の映画「ねむの木の詩」をもう一度見たい

肢体不自由児療護施設「ねむの木学園」(静岡県掛川市)の園長で女優の宮城まり子さん(83)の周辺が騒がしいですね。→ねむの木職員、宮城まり子園長の1500万詐取

その宮城まり子さんが監督された記録映画があったのをご存知でしょうか?
古いので記憶が定かではありませんが、文化庁(当時はまだ文部科学省に統合する前の文部省だったかな?)が主催して、毎年数本の邦画に助成金を出すような制度を始めました。
そして、現在は霞が関コモンゲート官庁棟アネックスがある辺りにあった、国立教育会館虎ノ門ホールで助成金交付候補作の試写が秋にありました。
この試写で「軍旗はためく下に」(72)や「田園に死す」(74)、サンリオ初のアニメ映画「小さなジャンボ」(77)などを見たと思います。

そんな国立教育会館虎ノ門ホールで宮城まり子さん監督の「ねむの木の詩」(74)も見ることができました。
映画は製作、監督、脚本だけでなく、音楽、歌、ナレーションまで宮城まり子さんがご自身で担当された宮城さんの思いが全編に詰まった作品でした。
撮影や編集は映画界のスタッフが担当され、撮影はハリウッド映画の「ザ・ヤクザ 」や「がんばれ!ベアーズ大旋風」も担当した名キャメラマン故岡崎宏三氏が担当していました。
映画は宮城さんのねむの木学園の生徒さんを記録したものですが、忘れられないのが生徒さんの夢?のシーンを映画で実現してあげるファンタジックなシーンです。
記録映画の雰囲気とは正反対のフィルターを多用した夢のような映像だったと記憶しています。

でも、それ以上に印象的だったことがあります。
国立教育会館虎ノ門ホールの敷地に入ると、会場と当時の文部省の庁舎に囲まれた、かなり広いスペースがありました。
試写を待つお客さんの列はホール正面入り口から庁舎の壁沿いにぐるっと時計回りに結構な長さの行列が出来ていました。
列に並んで待ってしばらくすると列の先頭の方から並んでいる人に、何か話しかけながら歩いている人が見えました。
最初は試写を見に後から来て、先に並んでいた人を探しているのかと思ってました。
その人は行列に沿ってゆっくり移動してきました。
そしてその人が10メートル程まで近づいてやっと誰だかわかりました。
なんと宮城まり子さんその人だったのです。

宮城さんはその試写を見るために並んでいる人たちに「わざわざ見に来てくれてあれがとう。長い間立ってお待たせして申し訳ない」というような事をおっしゃって、映画を「タダ」で見ようとしている我々に頭を下げて回ってこられたんです。

この当時、多くの試写会を見まくっていましたが、これから見ようとしている映画のスタッフ、それも監督にお礼を言われたのは初めての経験でした。
そんな訳で、とても良い思い出をいただいた宮城さんが金銭面で事件の被害に合われたということなので、なんとか被害が少ないことを祈ります。

そして、今見たら絶対に号泣してしまうだろうこの映画「ねむの木の詩」ですが、これまでビデオにもDVDにもなっていないようです。
残念。
最近泣ける映画ブームですが、おそらくこんなに泣ける映画は無いと思います。
どなたか、このねむの木学院関係の映像の商品化の予定はありませんか?

【追記 2013/9/25にビクターから発売されました】

ねむの木の詩 [DVD]
ねむの木の詩 [DVD]
posted with amazlet at 14.10.22
ビクターエンタテインメント (2013-09-25)
売り上げランキング: 101,284
ねむの木の詩がきこえる [DVD]
ビクターエンタテインメント (2013-09-25)
売り上げランキング: 101,607

Nemunoki
この写真は「ねむの木の詩がきこえる」(77)から

宮城まり子さんの作品一覧
「ねむの木の詩」
監督・製作・脚本・作詞・作曲・編集・語り 宮城まり子
1974年1月完成、ヴェルナ国際赤十字映画祭銀賞、文化庁優秀映画奨励賞
各国の国際映画祭に参加
「ねむの木の詩がきこえる」
監督・製作・脚本・作詞・作曲・編集・語り  宮城まり子
1977年1月完成、ヴェルナ国際赤十字映画祭スペシャルグランプリ
第19回毎日芸術賞、文化庁優秀映画奨励賞、ブルーリボン賞特別賞、日本映画ペンクラブ賞、OCICジャパン大賞、第1回中村屋文化サロン賞、他4賞受賞
各国の国際映画祭に参加
「虹をかけるこどもたち」
  監督・製作・脚本・編集・語り 宮城まり子
1980年1月完成、1981年6月フランスよりシダラック大賞・イタリアよりアデライデ・リストリー賞
バンクーバー国際映画祭に参加、その他国際映画祭に参加
A Big Hand for All Children
監督・製作・脚本・編集 宮城まり子
1984年3月完成
ねむの木学園の教育を紹介したドキュメンタリー(英語版)
Hello Kids!
監督・製作・脚本・作詞・作曲・編集・語り  宮城まり子
1986年3月完成
ねむの木のこどもたちとニューヨーク、ハーレムのこどもたちとの音楽やダンスを通じての友情を描いたミュージカルファンタジー
1986年6月26日ハーレムのアポロ劇場にてチャリティー試写会
ヴァルナ国際赤十字映画祭特別功績賞

« 映画「カーズ2」(Disney Pixar Cars2)の公開は7月30日で〜す | トップページ | CMソングのCDを買ってみようかな »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44505/50913944

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城まり子さん監督の映画「ねむの木の詩」をもう一度見たい:

« 映画「カーズ2」(Disney Pixar Cars2)の公開は7月30日で〜す | トップページ | CMソングのCDを買ってみようかな »