« iMac 27corei7用に2テラバイトのハードディスクを買いました | トップページ | 注文していたサントラ盤CDが続々到着 »

2011-03-14

地震で27インチiMacに荷物が落下・・・Macの運命はいかに。。。

3/11 に発生した大震災によって犠牲となった方々に、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
また、震災により行方不明になった方々が一刻も早く無事が確認出来ることを心より願っております。
そして震災により負傷された方々、避難されている方々に、お見舞いを申し上げます。

東北地方の太平洋側を中心に甚大な被害が発生した、今回の地震。
港区にある私の会社のビルも、これまでに経験したことのないほど大きく、そして長い間揺れました。
直後にインターネットで交通情報を調べると、首都圏のJR、私鉄、地下鉄の鉄道はすべて止まっていました。
会社からは社内放送で早めに帰って良いということでしたが、徒歩以外に帰宅方法はあるか考えてみました。
渋谷行のバスがあるのでそれに乗って渋谷からバスか徒歩というのも考えましたが、鉄道がすべて止まっている以上バスの停留所はものすごい列だろうし、タクシーは空車になって5mと空車で走っていられない状態だろうと予想。
そこで、最終手段として歩いての帰宅を考えGoogle Mapの検索で徒歩でのルートを検索。
すると、距離はだいたい13キロで歩く時間は2時間40分ほど。

大手町で仕事をしているカミさんと連絡をとり、日比谷公園で待ち合わせて一緒に歩いて帰ることにしました。
大雑把なルートは赤坂見附〜四ツ谷〜新宿〜中野坂上〜我が家というコース。
待ち合わせ場所にした日比谷公園には私が先に着きましたが、公園脇の歩道はすれ違うのも大変な位の人の数でした。
白いヘルメットをかぶった人や、スマートフォンを手に自分の前に立てて画面を見ながら歩いている方も目立ちました。

結局日比谷公園から二人で歩き始めたのは6時半過ぎ。
虎ノ門付近の道は車が渋滞しており、バスの停留所では入り口ドアから人があふれてなかなか出発できないほどの混みようでした。
そんな中、私たちと同じように徒歩で帰宅している人はとても多いようで、赤信号で横断待ちの歩道は人があふれるところも数カ所ありました。

カミさんがコンビニでポカリとクリームパンを買ってきてくれたので、空腹で困ることはありませんでした。
ただ、途中で何度か自宅に電話をしたのですが、携帯電話からは携帯電話及び家電ともに一度もかかりませんでした。
そのためか、公衆電話はどこも行列が出来ていました。

金曜日の夜はそれでも、風が少し強く寒かったんですが雨ではなかったので歩くのは苦になりませんでした。
さすがに、中野坂上くらいまで来ると歩く人の数も若干減りましたが、それでも西へ西へと大勢の人が
我が家を目指して歩いていました。
結局Googleの時間より30分ほど余計に掛かりましたが、3時間ほどで無事に帰宅できました。
時間がかかったのは、途中のトイレタイムと信号の待ち時間などかな?

こうしてカミさんと二人で無事に帰宅できたわけですが、私ふたご姫が「お父さんの部屋ドアが開かなかった」とか「私がドアを塞いでいた三脚をどけた」と報告がありました。
そうなんです。
会社で大きな揺れがあったときに恐れたのが、我が部屋にうず高く積まれた大量の書籍、CD、DVDなどなどが崩れただろうということ。
ただ、徒歩での帰宅中は歩くことばかり考えていたので、部屋のことはすっかり忘れてました。

帰宅後軽い夕食を食べた後、恐る恐る部屋を見ると、想像以上の悲惨な状態。
そのままうず高く積んでいたCDやDVDは見事に崩れていました。
あと、19インチ液晶テレビは前のめりに液晶を下にうっぷして倒れてました。
ただ、テレビの前はiMacの外箱を置いてあったので床に落下することはありませんでしたが、土曜日に部屋の片付けをしたら液晶画面にひっかき傷が付いてました。
まぁ、安かったテレビだったので普通に観るのに師匠はありません。

しかし・・・恐ろしいことに27インチiMacを置いた机の左脇に積み上げていたミニカーを仕舞っているPP製のケース(元々はコミック用の収納ケース)がiMacの方に崩れてきて、iMacのキーボード付近にのしかかっていたことです。
しかも、iMacはスリーブ状態で出勤していたんです。
でもこちらも幸いなことにMac本体・液晶は無傷で、iMacの左となりに積み上げていたLACIEのハードディスク2台も無事でした。

ただ、さすがに金曜日に片付ける気力は無く、iMacの電源を落として早めに寝ることにしました。

これが恥ずかしながら、もろくも崩れ去った我が部屋の惨状。
主にDVD、本、CDがぐちゃぐちゃに・・・

Heya_2


今回突然10帰路以上を歩いたわけですが、ダイエットのため数年前からウォーキングをしていた私は大丈夫でしたが、翌日カミさんは足がパンパンになり疲れで足がツリそうになったそうです。
それでもなんとか無事に帰宅できました。


ところで、今回の地震の呼び名ですが、報道機関によって若干呼び名が違っていますが、これはなにか意味があるのでしょうか?

気象庁 東北地方太平洋沖地震

NHK 東北関東大震災
日本テレビ 東日本大地震
TBS 東北地方・太平洋沖地震
フジテレビ 東北地方太平洋沖地震
テレビ朝日 東日本巨大地震
テレビ東京 東北地方太平洋沖地震

朝日新聞 東日本大震災
読売新聞 東日本巨大地震
毎日新聞 東日本大震災
日経新聞 東日本巨大地震
産経新聞 東日本大震災

« iMac 27corei7用に2テラバイトのハードディスクを買いました | トップページ | 注文していたサントラ盤CDが続々到着 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44505/51113712

この記事へのトラックバック一覧です: 地震で27インチiMacに荷物が落下・・・Macの運命はいかに。。。:

« iMac 27corei7用に2テラバイトのハードディスクを買いました | トップページ | 注文していたサントラ盤CDが続々到着 »