« 2011年3月14日 | トップページ | 2011年3月22日 »

2011年3月18日の1件の記事

2011-03-18

注文していたサントラ盤CDが続々到着

Rango

注文した時期は離れてたんだけど、何故か届いたのはほぼ同時という3枚のサントラ盤をご紹介。

まずは日本のAmazonにオーダーしていた「Rango」はハンス・ジマーの新作。
「パイレーツ・オブ・カリビアン」の監督と主演、ゴア・ヴァービンスキーとジョニー・デップがタッグを組んだ最新作です。
ただ、ジョニー・デップの作品とはいえカメレオン役ですしCGだし。
日本では9月23日から公開だそうです。
ということは、まだまだ先ですね。

主題歌などはロス・ロボスが演奏しています。

下のPrologueリンクから飛ぶと「ランゴ」のエンドクレジットシーンを見ることができます。
Rangoのページに飛んだら、グレーのMOVIEという文字を押してください。
軽快な音楽はCDの19曲目の「Walk Don't Rango」で演奏と歌はLos Lobos Featuring Arturo Sandovalです。
ちなみにこのエンドタイトルシーンはカイル・クーパーが在籍するプロローグ社のHenry Hobsontが担当。
とてもイイ感じのアニメーションに仕上がってますね。

Prologue

元イマジナリーフォセズ社のカイル・クーパーが転職してたの、最近まで知りませんでした。

そして、「ランゴ」以外に届いたサントラ盤はちょっと古い作品ですが、「ブロークン・アロー」(1996)と「バッドボーイズ」(1995)のサントラ。
「ブロークン・アロー」も音楽担当は「ランゴ」のハンス・ジマー。
しかもこの限定盤は2枚組で、これまで未収録だったBGMがたっぷり収録されてます。
さらに、「バッドボーイズ」の音楽は「スピード」のマーク・マンシーナ。
う〜むむむ、「スピード」に似てるなぁ。
このころマーク・マンシーナはハンス・ジマーの工房(メディアヴェンチャーにいたようで、数曲をジマーの片腕ニック・グレン・スミスが共作しています。
さてこれらのCDはアメリカ本国のLA-LA LAND RECORD社に直接オーダーしました。
オーダーは地震前でしたが、今の方が円高なので、もし良かったらオーダーしてみてください。
ZIMさんのところにも「ランゴ」は届きましたか?


« 2011年3月14日 | トップページ | 2011年3月22日 »