« 2011年12月11日 | トップページ | 2011年12月31日 »

2011年12月18日の1件の記事

2011-12-18

"Mac Blu-ray Player"でワーナーのBDソフトの字幕も表示できるようになったよ

うちのMacでもやっとブルーレイの市販ソフトが再生出来るようになりました。
ラシーのハードディスクの上にのっているのがBD再生に使用しているバッファローのBDドライブです。

Bddrive

■BD再生機器
本体 Mac 27インチモデル(Late2009 Core i7)
BDドライブ BUFFALO BP3D-PI6U2-BK MacとはUSB 2.0で接続。

■BD関係ソフト
市販BDソフト再生 Mac Blu-ray Player

■ブルーレイディスクの視聴
市販のBDソフトの再生は、上記Mac Blu-ray Playerソフトを使うことでで可能です。
一般的なブルーレイソフトについては、問題なく視聴出来ます。

★一部ディスクで日本向け機能が選択出来なかった
ところが、ワーナーホームビデオのブルーレイディスクの再生に問題がありました。
例えば、「リーサル・ウェポン3」のソフトをMacで再生させても、日本語字幕も吹き替えも選択出来ないのです。
(Mac Blu-ray Playerでは一般的なBDソフトに収録されているメニュー画面を表示せず、Mac Blu-ray Playerのメニュー画面で字幕や音声を選択するようになっています)
ところが、2011年12月9日(日本時間)に更新されたMac Blu-ray Playerバージョン1.9.6で追加された機能「環境制定の中のBlu-ray設定に隠しトラック表示(show hiden track)の機能を追加、使用後すべてのトラックを表示する」により、日本語字幕や日本語吹き替えが選択出来るようになり、これでやっとまともなBD再生ソフトになりました。
(本日2011年12月18日現在、Mac Blu-ray Playerは12/16日にもバージョンUpして1.10.0になっています)

■設定方法
Blu-ray Playerソフトを起動
Blu-ray Playerメニューにある、「環境設定」を選択
Blu-rayメニューを選択し「show hidden tracks」にチェックマークを入れる

以上の設定をしてから、BDを再生するとMac Blu-ray Playerメニューの画面から、BDに日本語字幕や吹き替えが収録されていれば、
音声に「japanese」という選択肢も表示され、これを選択すれば字幕か吹き替えが再生されます。
また、再生中でも画面右下に表示される「字幕」や「音声」というボタンから日本語字幕を選択出来るようになりました。

★ハリウッドメジャーの一部BDソフトメーカーは、全世界同一マスターでプレスしているようで、日本で再生される場合、再生機器の「メニュー言語」が日本語の場合不可視フォルダー内のメニューを表示させていたようです。
なので、日本で一般的に販売されているソフトでも、Mac Blu-ray Playerで再生しても日本語字幕が選択出来ませんでした。

この問題がクリアされたので、アメリカアマゾンから購入したワーナーの旧作BD(風と共に去りぬ、オズの魔法使、ベン・ハー、北北西に進路を取れなど)も安心して再生できます。
これで正月休みの楽しみが増えました。

« 2011年12月11日 | トップページ | 2011年12月31日 »