« 2014年1月9日 | トップページ | 2014年1月17日 »

2014年1月10日の1件の記事

2014-01-10

バート・バカラック幻の映画「TOGETHER?」のサントラが初CD化されて発売されるぞ

たしか、今は渋谷のヒカリエになっている旧渋谷パンテオンのビルと地下鉄銀座線の高架線の間の路地にちいさなレコード店があって、もしかしたら東邦生命ビルのすみやに行く途中かなんかにふと寄ったとき、買ったのかな?
バカラックが音楽を担当していたのでサントラLPを買ったのですが、すっかり忘れてました。
そんな幻のサントラが2月にリリースされるのですが、これが初CD化だそうです。
収録楽曲はこちら。

1. I Don't Need You Anymore (02:53)
Written by Paul Anka and Burt Bacharach
featuring Jackie De Shannon

2. I Think I'm Gonna Fall In Love (03:43)
Instrumental

3. In Tune (03:28)
Written by Paul Anka and Burt Bacharach
featuring Libby Titus

4. If We Ever Get Out Of Here (03:24)
Instrumental

5. On The Beach (03:27)
Instrumental

6. I've Got My Mind Made Up/Reprise: I Don't Need You Anymore (07:30)
featuring Michael McDonald / Jackie De Shannon

7. Find Love (04:12)
Written by Paul Anka and Burt Bacharach
featuring Jackie De Shannon

8. Luisa (02:59)
Instrumental

9. I've Got My Mind Made Up (03:17)
Instrumental

なんと、ポール・アンカが作詞しマイケル・マクドナルドや、あら懐かしやジャッキー・デシャノンがバート・バカラックの曲を歌ってたんです。
今回、ブログに書こうとこの映画を調べたら・・・
いろいろ面白いことがわかりました。

出演はジャクリーン・ビセット、マクシミリアン・シェル、 テレンス・スタンプ とくると、結構期待しちゃいますよね。でも、そのほかモニカ・グェリトーレ、ジャン・ルカ・ヴェナンティーニ、ピエトロ・ビオンディと続くと「うん?」って思います。そして極めつけが監督のアルメニア・バルドゥッチって誰だよ、この人。
映画の原題は「AMO NON AMO」(1979)というおそらくは(落ち目の)ハリウッドの俳優さんを使って英語で撮影し、世界にセールスしてたんですよ、イタリアの映画会社ってこの頃。
ただこの映画がすごいのはイタリア版の音楽はあのゴブリン(Goblin)。
こっちも気になりますが、今回はこの映画のアメリカ公開版の原題「TOGETHER?」のサントラCDのおはなし。
結局日本では劇場未公開でしたが、ビデオバブルのおかげでどこかの会社がレンタル向けに販売した様で、邦題は「ジャクリーン・ビセット/抱いて…」でした。(日本のビデオはアメリカ版)
久しぶりに聴いてみていな・・・

Together?
Together?
posted with amazlet at 14.01.10
Burt Bacharach
Razor & Tie (2014-02-04)
売り上げランキング: 153,304


Anyone Who Had a Heart-Art of the..: Super Deluxe
Burt Bacharach
Universal UK (2013-06-06)
売り上げランキング: 6,590


バート・バカラック自伝 - ザ・ルック・オブ・ラヴ
バート・バカラック ロバート・グリーンフィールド
シンコーミュージック
売り上げランキング: 12,313


最後に、気になるゴブリン版サントラ。
マーケットプレイスで入手可能です。

Amo Non Amo
Amo Non Amo
posted with amazlet at 14.01.10

Cinevox Records (2002-04-02)
売り上げランキング: 576,290

« 2014年1月9日 | トップページ | 2014年1月17日 »