« 2014年7月23日 | トップページ | 2014年8月25日 »

2014年7月29日の1件の記事

2014-07-29

「ライオン・キング」にハンス・ジマーが起用されるまで

ハンス・ジマーにアカデミー賞をもたらしたディズニーアニメ「ライオン・キング」。
この映画にジマーが起用されるまでのことをレガシーコレクションに付いていたリーフレットに「ライオン・キング」のプロデューサーのドン・ハーンが書いています。

前回も書いたように、この作品、当時ディズニーの社長だったジェフリー・カッツェンバーグがアニメのアイデアとして、「アフリカのバンビ」を提案。
まずは歌曲の作家として「アラジン」1992で作詞をしたティム・ライスを起用。
そのティム・ライスから歌曲の作曲者としてエルトン・ジョンが提案される。
(ティム・ライスはエルトン・ジョンのアルバム「ジャンプ・アップ」1982年の「Legal Boys」で共作)

エルトン・ジョンから作品で使われる歌曲のデモが届くが、プロデューサーたちは3人目の音楽家、スコア(劇伴)の作者が必要となる。
この時ディズニーの音楽関係のヘッドであったクリス・モンタン氏が当時公開されていた低予算映画「バワー・オブ・ワン」を紹介。
映画は南アフリカが舞台の為、アフリカ音楽が多く使用されていました。

1930年代の南アフリカで生まれたイギリス人の少年が孤児となり、人々の善意とアフリカの大自然に学びながら成長していく姿を描く人間ドラマ。監督は「ロッキー」のジョン・G・アヴィルドセン、製作は「JFK」のアーノン・ミルチャン、エグゼクティヴ・プロデューサーは「真実の瞬間」のスティーヴン・ルーサー、グラハム・バーク、グレッグ・クート。ブライス・コートネイの半自伝的同名小説をもとに「ベスト・キッド」のロバート・マーク・カーメンが脚本を執筆。撮影は「ダンス・ウィズ・ウルブズ」のディーン・セムラー、音楽は「レインマン」のハンス・ジマーが担当。主演はスティーブン・ドーフ、「ミュージックボックス」のアーミン・ミューラー・スタール、「許されざる者(1992)」のモーガン・フリーマン、「プロスペローの本」のサー・ジョン・ギールグッド。 KINENOTEより

この映画の音楽を担当していたのがハンス・ジマーだったのです。
ジマーにプロジェクトへの加入を依頼するも、その頃のジマーはアニメーション映画に音楽を付けることは、自分のカラーに合わないと判断、断ってきた。
結局最後には当時6歳だった娘のゾーイの為に「ライオン・キング」の仕事を受けることになった。

ということで、地味な映画「パワー・オブ・ワン」の音楽がハンス・ジマーの人生を変えることになったんですね。

The Power Of One: Original Motion Picture Soundtrack
Hans Zimmer
Elektra / Wea (1992-05-19)
売り上げランキング: 670,589


パワー・オブ・ワン
パワー・オブ・ワン
posted with amazlet at 14.07.29
サントラ
ダブリューイーエー・ジャパン (1993-03-25)
売り上げランキング: 252,867


パワー・オブ・ワン [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2005-01-29)
売り上げランキング: 110,949


Legacy Collection: The Lion King
Various Artists
Walt Disney Records (2014-06-24)
売り上げランキング: 93,203

« 2014年7月23日 | トップページ | 2014年8月25日 »