« 2014年11月18日 | トップページ | 2014年12月3日 »

2014年11月19日の2件の記事

2014-11-19

ヘンリー・マンシーニのクラシック・コレクション CD 9枚組

オードリー・ヘップバーンの映画の音楽が多かった印象のあるヘンリー・マンシーニですが、今年で没後20年なんですね。
だからなのかマンシーニの比較的初期のアルバムを集めた9枚組BOXが発売されました。
1枚のCDに2つの作品が収録されてて、各ディスクに1〜2曲ボーナストラックが追加されてます。
ただし、音源は最近Intradaから発売されたフィルムバージョンではなく、古くから販売されていたマンシーニによりレコード用に録音された音源です。

Classic Soundtrack Collection
Classic Soundtrack Collection
posted with amazlet at 14.11.19

RCA (2014-11-18)
売り上げランキング: 5,342

収録作品は

ピンクの豹 (1963) THE PINK PANTHER
ピンク・パンサー2 (1975) THE RETURN OF THE PINK PANTHER

ティファニーで朝食を (1961) BREAKFAST AT TIFFANY'S
シャレード (1963) CHARADE

ハタリ! (1962) HATARI!
オクラホマ巨人 (1973) OKLAHOMA CRUDE

地上最大の脱出作戦 (1966) WHAT DID YOU DO IN THE WAR, DADDY?
ゲバルトパパ (1960)<未> HIGH TIME

追跡(1962) EXPERIMENT IN TERROR
暁の出撃 (1970) DARLING LILI

銃口 (1967) GUNN
料理長(シェフ)殿、ご用心 (1978) WHO IS KILLING THE GREAT CHEFS OF EUROPE?

いつも2人で (1967)TWO FOR THE ROAD
アラベスク (1966) A RABESQUE

グレートレース (1965) THE GREAT RACE
ナタリーの朝 (1969) ME, NATALIE

パーティ (1968) THE PARTY
時よとまれ、君は美しい/ミュンヘンの17日 (1973) VISIONS OF EIGHT

作品名をざっと見て気がつくのは、ブレイク・エドワーズ 監督作品の多さですね。
日本未公開の「ゲバルトパパ」、「ティファニーで朝食を」 、「追跡」、「ピンクの豹」、「グレートレース」 、「地上最大の脱出作戦」、「銃口」、 「パーティ」、「暁の出撃」、「ピンク・パンサー2」となんと10本も。

下記の作品はIntrada盤で、映画で使用された音源のサントラ盤です。

Breakfast at Tiffany's Complete Original Soundtrack
Henry Mancini
Intrada (2013-11-28)
売り上げランキング: 76,798
Hatari!
Hatari!
posted with amazlet at 14.11.19
Original Soundtrack
Intrada (2012-06-04)
売り上げランキング: 1,286,185
Charade
Charade
posted with amazlet at 14.11.19
Original Soundtrack
Intrada (2012-06-04)
売り上げランキング: 588,791


おっと、「シャレード」には上のとは別に50周年盤というのも出てるんですね。
これはIntrada盤ではありませんので。

Ost Charade 50th Anniversary Edition
Henry Mancini
Imports (2014-09-16)
売り上げランキング: 101,566

最後に、マンシーニはたった一作だけディズニーの長編アニメの音楽もやってまして・・・
邦題「オリビアちゃんの大冒険」(1986)原題THE GREAT MOUSE DETECTIVEという作品ですが、まぁディズニーアニメのどん底時代でしたからね。
私も見てませんでしたよ。

The Adventures Of The Great Mouse Detective: Original Motion Picture Soundtrack

Varese -- Records Ltd -- (1995-05-09)
売り上げランキング: 726,988

パイプオルガンの音が神々しい「インターステラー」のサントラ

Inter1_2

なんか、アメリカでは非常に評価の高い「「インターステラー」」ですが、日本での公開は今週末の11月22日。
そして注文していたサントラ盤が本日到着。
ソニー・クラシカルレーベルのメイドインイーユー(ドイツなのかな?)のヨーロッパ盤。

トラックリスト

1. Dreaming Of The Crash (03:55)
2. Cornfield Chase (02:06)
3. Dust (05:41)
4. Day One (03:19)
5. Stay (06:52)
6. Message From Home (01:40)
7. The Wormhole (01:30)
8. Mountains (03:39)
9. Afraid Of Time (02:32)
10. A Place Among The Stars (03:27)
11. Running Out (01:57)
12. I'm Going Home (05:48)
13. Coward (08:26)
14. Detach (06:42)
15. S.T.A.Y. (06:23)
16. Where We're Going (07:41)

ライナーノートを読むと、この作品ではクリストファー・ノーラン監督が「パイプオルガンの音を使いたい」ということでイギリスのテンプル教会のパイプオルガンがフィーチャーされています。
ハンス・ジマーの音楽はいつも以上に荘厳な音楽に仕上がっており、ますます映画が楽しみになりました。

CDもデジパックのジャケットでしかもCD版に星座が印刷されそこに夜空のような窓が開いたカバーが掛けられるようになっているので星座早見表と兼用になっているアイデアジャケットでした。

こんな感じなんです。

Inter2

ちなみにCDを取り出した後のデジパックの台紙にも星座が印刷されてます。

Inter3

あと、2枚組の特別盤も予定されているようで、アメリカでは予約受付が始まってました。
リリースまで8〜10週間ということなので、来年リリースかな?
曲数が多いのでリリースされたらまたポチッとします。

今週封切りになる映画ですが、わが家ではユナイテッドシネマとしまえんでIMAX版を見ようと思ってます。
IMAX大好きなクリストファー・ノーラン はこの作品でもIMAXで撮影しているようです。どの程度なのかは三手のお楽しみにしています。
IMDbのスペックを見ても、ちゃんとIMAX版について言及されてました。

アスペクト比
1.44 : 1 (some scenes: IMAX 70 mm version)
1.90 : 1 (some scenes: IMAX digital version)
2.20 : 1 (70 mm version)
2.35 : 1

ということで、上映は上記のようなアスペクトがあるようです。
一般的には2.35:1のシネマスコープサイズでの上映になるでしょう。
としまえんだと、IMAXデジタルバージョンだと思われるので気持ち横長のビスタサイズのようなアスペクトみたいです。ところで、日本に70mmフィルムってくるのだろうか・・・

スタッフ
監督クリストファー・ノーラン
製作エマ・トーマス
クリストファー・ノーラン
リンダ・オブスト
製作総指揮ジョーダン・ゴールドバーグ
キャスト
マシュー・マコノヒー
アン・ハサウェイ
ジェシカ・チャステイン
ビル・アーウィン
エレン・バースティン

Interstellar
Interstellar
posted with amazlet at 14.11.19
Original Soundtrack
Imports (2014-11-18)
売り上げランキング: 532

« 2014年11月18日 | トップページ | 2014年12月3日 »