« ディズニー・レガシー・コレクション CDは、この夏怒濤のリリースだぜ | トップページ | 映画「オデッセイ」を見た »

2015-11-29

そろそろスター・ウォーズを見に行く為にいろいろ調べてみました

新作の「スター・ウォーズ」がもうすく公開となります。
タイトルは「スター・ウォーズ フォースの覚醒」(Star Wars: The Force Awakens)。
長いね。

■公開日
日本では12月18日(金)だそうです。アメリカではプレミア上映が14日(日本時間だと15日)にあり、一般公開は日本と同じ18日ということは、時差の関係で日本の方が早くなりますね。

■作品について
製作会社をIMDbで調べると、Lucasfilm (as Lucasfilm Ltd.)、Bad Robot、Truenorth Productionsの三社が製作会社ということです。(ディズニーは出資してませんね)
これまでの「スター・ウォーズ」シリーズはジョージ・ルーカスのルーカス・フィルムが製作していましたが、ルーカス・フィルムをルーカスがディズニーに売却しました。
結果ルーカスが不在となっても存続する会社としてのルーカス・フィルムが製作会社であり続けています。
また、監督のJ・J・エイブラムスの会社のバッド・ロボットも製作しています。
Truenorth Productionsのことはよくわかりません。
製作者はキャスリーン・ケネディ、J・J・エイブラムスそしてブライアン・バーク。
キャスリーン・ケネディはその昔、スピルバーグの秘書でしたが、スピルバーグがその手腕を評価してスピルバーグは自身の製作会社であるアンブリン社を共同で創設。
ちなみにキャサリンは双子の片割れだそうです。
アンブリンには1992年まで在籍しましたが、その後は夫のフランク・マーシャルと共にThe Kennedy/Marshall Companyを設立しますが、独立後にもスピルバーグの作品の製作は続けたり日本のジブリの「崖の上のポニョ」のアメリカ版のプロデュースも担当しています。
そして2012年に夫を会社に残し自身はルーカスフィルムに転じ、後に社長になりました。

■脚本
私にとっては非常に期待大なスタッフになりました。
「帝国の逆襲」なども担当したローレンス・カスダン、脚本家としての手腕もすばらしいJ・J・エイブラムス、
そしてこれまではあまり知りませんでしたがピクサー作品から「ハンガー・ゲーム」も担当したマイケル・アーントの三人がクレジットされています。

■映画フォーマット
IMDbによると、上映時間は135分。
音響はIMAX用のデジタル12ch、ドルビーアトモスそしてドルビーデジタル。
アスペクト比はIMAXでは1.43 : 1ですが、 基本的にはシネスコサイズの2.35 : 1
撮影でもいくつかのシーンではIMAXの65mmフィルムカメラでも撮影されていますが、基本的にはパナビジョンのデジタルカメラで撮影し、65mmと35mmのフィルムでマスターを作成したようです。
35 mm (Kodak Vision3 50D 5203, Vision3 250D 5207, Vision3 500T 5219)
65 mm (horizontal) (Kodak Vision3 50D 5203, Vision3 250D 5207, Vision3 500T 5219)

そして上映用フォーマットは35 mmフィルム 、70 mm IMAX用、そしてほとんどの日本の劇場ではデジタルのD-Cinema として3Dも含め上映されるようです。

これなら、うちはユナイテッドシネマとしまえんかな?

ユナイテッドシネマ としまえん スター・ウォーズ/フォースの覚醒     
<2D字幕版><IMAX3D字幕版><4DX3D字幕版/4DX3D吹替版>

をっと、としまえんにも4DX導入って・・・


新宿のTOJHOゴジラ劇場は混むだろうなぁ・・・

◆TOHOシネマズ新宿では「IMAX 3D」、「MX4D 3D」、「DOLBY ATMOS 3D」 「通常 3D」 「2D」版の上映を予定しております。(全て字幕版) ※「2D」以外のバージョンの座席指定チケットは、11月18日(水)からの先行販売では、販売致しません。 ※販売日や上映スケジュールは、本サイトで後日発表致します。

●サウンド・トラック
てっきりマイケル・ジアッキーノがジョン・ウィリアムズのメロディーをベースに担当すると思ってました。監督のJ・J・エイブラムス作品といえばジアッキーノですからね。
もう、ハリウッドで作られるリメイク物の神ですから。
「ミッション・インポッシブル」、「スター・トレック」、「猿の惑星」などのリメイク作品の音楽、これみんなジアッキーノが担当でした。
ジョン・ウィリアムズ御大も、最近はお年で担当作品数が激減でしたし。
なので、「スター・ウォーズ」も彼だと思ってたんですけどね。
でも、御大ジョン・ウィリアムズが新作を担当ってやはり楽しみです。
サントラ盤の発売はアメリカで12月18日の公開と同時だそうです。(日本は12月25日)

収録曲は

1. Main Title And The Attack On The Jakku Village
2. The Scavenger
3. I Can Fly Anything
4. Rey Meets BB-8
5. Follow Me
6. Rey's Theme
7. The Falcon
8. That Girl With The Staff
9. The Rathtars
10. Finn's Confession
11. Maz's Counsel
12. The Starkiller
13. Kylo Ren Arrives At The Battle
14. The Abduction
15. Han And Leia
16. March Of The Resistance
17. Snoke
18. On The Inside
19. Torn Apart
20. The Ways Of The Force
21. Scherzo For X-Wings
22. Farewell And The Trip
23. The Jedi Steps And Finale

Ost: Star Wars
Ost: Star Wars
posted with amazlet at 15.11.29
John Williams
Imports (2015-12-25)
売り上げランキング: 87,255

過去の曲はこちらで
収録はインタビューCDやDVDも入ってます。

Episode I - The Phantom Menace (1CD)
Episode II - Attack of the Clones (1CD)
Episode III - Revenge of the Sith (1 CD + 1 DVD)
Episode IV - A New Hope (2CDs)
Episode V - The Empire Strikes Back (2CDs)
Episode VI - Return of the Jedi (2CDs)
Bonus CD: Exclusive Interviews with John Williams and Harrison Ford (1CD)


Star Wars: The Ultimate Soundtrack Collection

Masterworks (2016-01-08)
売り上げランキング: 15,810


アート・オブ・スター・ウォーズ/フォースの覚醒
フィル・スゾタック リック・カーター
ヴィレッジブックス
売り上げランキング: 1,352


« ディズニー・レガシー・コレクション CDは、この夏怒濤のリリースだぜ | トップページ | 映画「オデッセイ」を見た »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44505/62773359

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろスター・ウォーズを見に行く為にいろいろ調べてみました:

« ディズニー・レガシー・コレクション CDは、この夏怒濤のリリースだぜ | トップページ | 映画「オデッセイ」を見た »