« そろそろスター・ウォーズを見に行く為にいろいろ調べてみました | トップページ | ブログ再開、まずは倉本聰 「やすらぎの郷」 »

2016-02-21

映画「オデッセイ」を見た

リドリー・スコット監督の映画「オデッセイ」を見てきました。
評判通りよくできた映画でした。
新宿の劇場は公開から少し経ったにもかかわらず一番大きなスクリーンに満員の観客でした。

この邦題、普通だったらオディッセイって付けたいよね。
「デ」って付けちゃうとなんか、おじさんがディズニーランドのことをデズニーランドって言ってるみたいでちょっと気になりました。
オデッセーでもなく、オディッセイでもなく、オデッセイってとこが微妙に今なのかもですね。
あっ、結果、この表記で問題ないですから、はい。

私も昔、映画の邦題を決める会議に出たことがありますが、このタイトル会議も細かな表現の違いを並べて、みんなで決めたんでしょうね。
私が覚えているのが故アラン・リックマン主演の映画「Truly Madly Deeply」という映画のタイトルです。
最終的にタイトルは「愛しい人が眠るまで」と決まったんですが、このタイトルは配給会社の宣伝部とかではない部署の若い女性社員の案がすんなり採用されました。
私もいくつか案を出しましたたが、決定したこのタイトル、とても良いですよね。

ところでこの映画は音楽でも話題です。
劇中で主人公から「最悪」の趣味といわれながらも要所々々に使われてた70年代のディスクの名曲たち。
良かったですね。

Songs from the Martian
Songs from the Martian
posted with amazlet at 16.02.21
Original Soundtrack
Imports (2015-11-13)
売り上げランキング: 223


そして劇伴はハリ・グレッグソン=ウィリアムズ。
初期にはハンス・ジマーと連名で「ザ・ロック」や「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」 (2005)さらに「ティガー・ムービー/プーさんの贈りもの 」(1999)や「シュレック」 (2001)などアニメやゲームの「メタルギアソリッド2 サンズ・オブ・リバティ」(2001)と多才です。

ハンス・ジマーが主宰する作家集団リモート・コントロールの筆頭スタッフですね。
リドリー・スコットとは「キングダム・オブ・ヘブン」(2005)で初コンビ。
でも、この「オデッセイ」も製作しているスコット・フリー社の協同設立者の故トニー・スコットとは「エネミー・オブ・アメリカ」(1998)で仕事しているのでつきあいは長かったのでしょう。
シンフォニーからシンセ中心の音楽とBGMもたの問い作品です。

ところで、リドリー・スコット監督はこれまでハンス・ジマー歴長いんですよね。
ハンス・ジマーとリドリー・スコット最初の共同作品は「ブラック・レイン」(1989)でした。
それ以降ジマーは、「テルマ&ルイーズ」 (1991) 「グラディエーター」(2000) 「ハンニバル」(2001)「 ブラックホーク・ダウン」 (2001) 「マッチスティック・メン」(2003)と数多くの作品に曲を提供しています。
ここ最近ジマーが曲を担当しなかったのは「マッチスティック・メン」でメロディはニーノ・ロータを編曲させられた?からかもです。


The Martian: Song and Score
The Martian: Song and Score
posted with amazlet at 16.02.21
Harry Gregson-Williams
Imports (2015-11-06)
売り上げランキング: 1,006


メタルギア ソリッド2 サンズ・オブ・リバティ ― オリジナル・サウンドトラック
ゲーム・ミュージック
コナミデジタルエンタテインメント (2001-11-29)
売り上げランキング: 43,780

« そろそろスター・ウォーズを見に行く為にいろいろ調べてみました | トップページ | ブログ再開、まずは倉本聰 「やすらぎの郷」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44505/63243956

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「オデッセイ」を見た:

« そろそろスター・ウォーズを見に行く為にいろいろ調べてみました | トップページ | ブログ再開、まずは倉本聰 「やすらぎの郷」 »