« 「ラ・ラ・ランド」と「スター・ウォーズ」の関係 | トップページ

2017-07-17

誰がシリーズ映画の音楽を作ったか 続編王は誰?

ハリウッド映画の場合、ヒット映画シリーズがあると、その映画音楽担当者がどうなっているか、調べてみました。
すると、時代によって続編に数多く起用される、時代の続編王と呼べる人がいることがわかりました。

まず、古くは60年代後半の「猿の惑星」シリーズ。
この一作名の音楽はその当時でも映画音楽界の巨匠ジェリー・ゴールドスミス。
順当ですね。
しかし、二作目の音楽はジェリー・ゴールドスミスからレナード・ローゼンマンに変更。「エデンの東」の音楽も担当するベテラン作曲家ですが、ジェリー・ゴールドスミスに比べればちょっと知名度は低いですかね。
ところが三作目にはまたジェリー・ゴールドスミスを起用。
この行き当たりばったり感が製作者のアーサー・P・ジェイコブスらしさなのか、映画の出来もそんな評価でしたね。

猿の惑星(1968) PLANET OF THE APES ジェリー・ゴールドスミス

続・猿の惑星(1970) BENEATH THE PLANET OF THE APES レナード・ローゼンマン

新・猿の惑星(1971) ESCAPE FROM THE PLANET OF THE APES ジェリー・ゴールドスミス

猿の惑星・征服(1972) CONQUEST OF THE PLANET OF THE APES トム・スコット

最後の猿の惑星(1973) BATTLE FOR THE PLANET OF THE APES レナード・ローゼンマン

同じ題材でも、ティム・バートン版は、結局一作で終了。
音楽はバートンの盟友ダニー・エルフマンでした。

PLANET OF THE APES 猿の惑星(2001) PLANET OF THE APES ダニー・エルフマン

そして今年も新作公開の「猿の惑星:創世記」シリーズは、一作目はパトリック・ドイルでしたが、二作目以降今のところ現代のシリーズ音楽 続編王と呼べるマイケル・ジアッキノです。
彼の続編力は強力です。

猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011) RISE OF THE PLANET OF THE APES パトリック・ドイル

猿の惑星:新世紀(ライジング)(2014) DAWN OF THE PLANET OF THE APES マイケル・ジアッキノ

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017) WAR FOR THE PLANET OF THE APES マイケル・ジアッキノ

では、それまでの続編王は誰かというと、
あの「タイタニック」のジェームズ・ホーナーでした。

ロジャー・コーマンの門下生としてデビューし、B級作品の音楽からメジャー映画も担当するようになり、最初の続編映画は「スター・トレック2/カーンの逆襲」(1982)。
その後、やはりロジュー・コーマン門下のジェームズ・キャメロン監督の「エイリアン2」(1986)。
そう、どちらも一作目は巨匠ジェリー・ゴールドスミスが担当していた映画なんですね。

エイリアン(1979) ALIEN ジェリー・ゴールドスミス

エイリアン2(1986) ALIENS ジェームズ・ホーナー

エイリアン3(1992) ALIEN3 エリオット・ゴールデンサール

そんなジェリー・ゴールドスミスが一作目の音楽を担当した「スター・トレック」シリーズ。
元々はテレビシリーズで、それを劇場映画にした時は出演者がみんなテレビ俳優だったため劇場映画としてのスケール感を出すためか巨匠ジェリー・ゴールドスミスに音楽を依頼したんでしょうね。
しかし、シリーズ2作目にして音楽はジェリー・ゴールドスミスからジェームズ・ホーナーに変更。
5作目でジェリー・ゴールドスミスも復活するんですけどね。

スター・トレック(1979) STAR TREK-THE MOTION PICTURE ジェリー・ゴールドスミス

スター・トレック2/カーンの逆襲(1982) STAR TREK II: THE WRATH OF KHAN ジェームズ・ホーナー

スター・トレック3/ミスター・スポックを探せ!(1984) STAR TREK III: THE SEARCH FOR SPOCK ジェームズ・ホーナー

故郷(ふるさと)への長い道/スター・トレック4(1986) STAR TREK IV: THE VOYAGE HOME レナード・ローゼンマン

スター・トレック5/新たなる未知へ(1989) STAR TREK V: THE FINAL FRONTEER ジェリー・ゴールドスミス

スター・トレックVI/未知の世界(1991) STAR TREK VI: THE UNDISCOVERED COUNTRY クリフ・エデルマン

こうしてシリーズの音楽担当者を見てみると「猿の惑星」でも「スター・トレック」でもジェリー・ゴールドスミスのシリーズにレナード・ローゼンマンが起用されるんですね。
では続編王はレナード・ローゼンマンかと思いきやジェームズ・ホーナーが続編王なんですね。

たとえば、「スパイダーマン」。

スパイダーマン(2002) SPIDER-MAN ダニー・エルフマン

スパイダーマン2(2004) SPIDER-MAN 2 ダニー・エルフマン

スパイダーマン3(2007) SPIDER-MAN 3 クリストファー・ヤング
サム・ライミ版シリーズでは、こちらも続編の常連ダニー・エルフマンからスタート。
路線変更のアメイジングシリーズでジェームズ・ホーナーが起用されています。

アメイジング・スパイダーマン(2012) THE AMAZING SPIDER-MAN ジェームズ・ホーナー

アメイジング・スパイダーマン2(2014) THE AMAZING SPIDER-MAN 2 ハンス・ジマー

しかし、アメージングは2作で終了。
今年から再スタートのよりマーベル・シネマティック・ユニバースに近づいた新シリーズでは音楽は続編王マイケル・ジアッキノが担当です。

スパイダーマン:ホームカミング(2017) SPIDER-MAN: HOMECOMING マイケル・ジアッキノ

ちなみに、マイケル・ジアッキノをテレビ時代から黄用紙続けているJ・J・エイブラムスが製作する新スター・トレックシリーズでは、マイケル・ジアッキノが前作音楽を担当しています。

スター・トレック(2009) STAR TREK マイケル・ジアッキノ

スター・トレック イントゥ・ダークネス(2013) STAR TREK INTO DARKNESS マイケル・ジアッキノ

スター・トレック BEYOND(2016) STAR TREK BEYOND マイケル・ジアッキノ

そんな続編音楽家たちを順に起用していたのはミッション:インポッシブルシリーズですね。


ミッション:インポッシブル(1996) MISSION: IMPOSSIBLE ダニー・エルフマン

M:I-2(2000) MISSION: IMPOSSIBLE 2 ハンス・ジマー

M:i:III(2006) MISSION: IMPOSSIBLE III マイケル・ジアッキノ

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011) MISSION: IMPOSSIBLE - GHOST PROTOCOL マイケル・ジアッキノ

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(2015) MISSION: IMPOSSIBLE ROGUE NATION ジョー・クレイマー

ということで、最近担当しすぎのマイケル・ジアッキノの作品をご紹介。
元々ゲーム音楽の作曲家だったのに、すごいね。

「スパイダーマン:ホームカミング」オリジナル・サウンドトラック
マイケル・ジアッキノ
SMJ (2017-07-26)
売り上げランキング: 48,547


Jurassic World / O.S.T.
Jurassic World / O.S.T.
posted with amazlet at 17.07.17
Original Soundtrack
Backlot Music (2015-06-09)
売り上げランキング: 30,599


スター・トレック BEYOND オリジナル・サウンドトラック
マイケル・ジアッキーノ
ユニバーサル ミュージック (2016-10-19)
売り上げランキング: 140,163


ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー  オリジナル・サウンドトラック
V.A.
WALT DISNEY RECORDS (2016-12-16)
売り上げランキング: 14,714





« 「ラ・ラ・ランド」と「スター・ウォーズ」の関係 | トップページ

サウンドトラック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44505/65537697

この記事へのトラックバック一覧です: 誰がシリーズ映画の音楽を作ったか 続編王は誰?:

« 「ラ・ラ・ランド」と「スター・ウォーズ」の関係 | トップページ