カテゴリー「映画・テレビ」の80件の記事

2017-05-05

「ラ・ラ・ランド」と「スター・ウォーズ」の関係

もうずいぶんたちますが、映画「ラ・ラ・ランド」を見終わって、いつもながら長〜いスタッフロールを見ていたら・・・
ロッコ・ジョフレ(Rocco Gioire)という名前がtraditional matte painting by として、クレジットされているではありませんか。

ロッコ・ジョフレ氏とはその昔SFXブームの頃(80年代中頃)に注目を浴びていたマットアーティストでした。
マットアーティストとは、ガラスに写真のような絵を描く人で、できあがったガラス板を別に撮影された映像と合成する手法の作家です。

この映画「ラ・ラ・ランド」では天文台や高速道路のシーンなどにマット画が使われているそうです。→ Indie Wire

1985 年、東京国際映画祭の関連イベントとして開催されたSFX アカデミーという講演会のために来日したマット ペインターのロッコ・ジョフレ氏を見に、当時私はお話を聞きに行ってました。
その時の事は以前(2008年6月17日)ブログに書いておりました。

実はその時に後にILMでプロのマットアーティストになった上杉裕世氏も会場に来ていて、ロッコ・ジョフレ氏の講演後に直接話をして渡米、ロッコ・ジョフレ氏のドリーム・クエスト入りしてマットアートを学んだそうです。 →武蔵美のサイト

ということで、どうして「ラ・ラ・ランド」と「スター・ウォーズ」が関係しているのかというと、映画「ラ・ラ・ランド」の特撮を担当したロッコ・ジョフレに師事した上杉氏がILMで活躍。
1997年には『スター・ウォーズ ジェダイの復讐 特別篇』の追加シーンの監督まで務めるようになったということで、ミュージカル映画とSF映画が繋がったわけです。

Ost: La La Land
Ost: La La Land
posted with amazlet at 17.05.05
Original Soundtrack
Interscope Records (2016-12-09)
売り上げランキング: 15


ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック
サントラ ジャスティン・ハーウィッツ feat.エマ・ストーン
ユニバーサル ミュージック (2017-02-17)
売り上げランキング: 201


Ost: La La Land
Ost: La La Land
posted with amazlet at 17.05.05
Original Soundtrack
Interscope Records (2016-12-16)
売り上げランキング: 448


スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還 リミテッド・エディション [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2006-09-13)
売り上げランキング: 14,998


スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2015-11-13)
売り上げランキング: 23




2017-05-04

ディズニー「モアナと伝説の海」は英語版に限る

今年の映画音楽でとても印象的だった2本の映画、「ラ・ラ・ランド」と「モアナと伝説の海」。
どちらも音楽が際立った作品で、そのチャーミングなメロディーに魅了されました。
「ラ・ラ・ランド」は公開すぐに見たのですが、「モアナと伝説の海」はなかなか見に行けず、やっと見てまいりました。
映画としてはまだ結構なスクリーン数で上映している「モアナと伝説の海」なんですが、私はどうしても日本語字幕の英語発声版を見たかったんです。

というのもこの「モアナと伝説の海」のサントラ、英語版の輸入盤とエイベックス版日本語版と両方購入し、聞いておりました。
するとモアナの屋比久知奈さんやマウイの尾上松也さんなど主要なキャストの日本語歌曲については文句ありません。
しかし、日本版でちょっと残念だったのがモアナのおばあちゃん役のタラの歌声を担当した夏木マリさんなんです。
英語では普通に話しかけるように歌っている部分で夏木さんの歌ではメロディーが不安定で・・・
そしてもうひとつ、エンディング曲の加藤ミリヤさんがあまり好きじゃなかったんですね。
わざわざ他社アーティストにせず、無名でもエイベックスの人で良かったのに。

なので、まだ昼間でも英語版を上映していた六本木まで行って見てまいりました。

ところでこの映画の歌曲を作詞作曲したのはリン=マニュエル・ミランダ。
私知りませんでした。
アメリカでは一昨年から上演されて人気のミュージカル「ハミルトン」で一躍有名になった方なんですね。
劇伴はハンス・ジマー一門のマーク・マンシーナ。
マンシーナの代表作と言えばキアヌ・リーブスの「スピード」。
ディズニーではハンス・ジマーのアカデミー受賞作の「ライオン・キング」、「ターザン」、「ブラザー・ベア」などがあります。
最近では「プレーンズ」の音楽も担当していてアクションからディズニー映画でも活躍しています。

モアナと伝説の海 オリジナル・サウンドトラック<英語版>
V.A.
WALT DISNEY RECORDS (2017-02-08)
売り上げランキング: 415


ディズニー ライオンキング ミュージカル <劇団四季>
劇団四季
WALT DISNEY RECORDS (2011-09-28)
売り上げランキング: 3,031


Speed (Original Motion Picture Score)
Original Score Mark Mancina
Warner Spec. Mkt. UK (2003-12-30)
売り上げランキング: 135,219


Obc: Hamilton
Obc: Hamilton
posted with amazlet at 17.05.04
Original Broadway Cast
Atlantic (2016-07-19)
売り上げランキング: 4,389




2017-04-22

ブログ再開、まずは倉本聰 「やすらぎの郷」

いゃー、久し振りのブログの更新。

さて、4月3日から放送が始まったテレビ朝日の昼ドラ「やすらぎの郷」。
名脚本家 倉本聰さんの新作。

当然。仕事してると見られないので毎日留守録して後で見ております。

ドラマはまだ始まったばかりなので、世間の話題は主に、主演の石坂浩二さんの元奥様だったり、交際が噂された女優さんとの共演や、話に良く聞く芸能界の黒い噂に関するセリフが登場したりする部分のようですが・・・

古くからの倉本ドラマ好きの私としては、このドラマは倉本さん「らしさ」久し振りの大爆発した作品なので毎回楽しく見ております。

どこかで倉本さんの総決算ドラマと言われてますが、倉本さんももう82歳なので、最後の作品になっても良いと考えているのかもしれませんね。
私もこのドラマのを見てて、これまで倉本ドラマに出ていた俳優さんをできる限り出演させようという気持ちが見えています。
これはどこか、手塚治虫先生における「ブラックジャック」のように。
「ブラックジャック」には手塚コミックの過去の登場キャラ総出演という感じでアセチレン・ランプやハムエッグなどが登場してましたよね。

このドラマでの主演の石坂浩二さんは浅丘ルリ子さんとの結婚のきっかけになった倉本ドラマ『2丁目3番地』(1971年、日本テレビ系)に出演してたし、居酒屋「侘助」の主人は『前略おふくろ様』ではショーケンの先輩板前を演じてた小松"親分さん"政夫さんが久し振りにドラマに登場したので思わず私は拍手しちゃいました。

ということは、一時倉本ドラマに多数出演されていた仁科明子さん(現亜季子) (『聖夜』(1973年、北海道放送)『赤ひげ』(1972年、NHK)『勝海舟』(1974年、NHK)『あなただけ今晩は』(1975年、フジテレビ系)『大都会 闘いの日々』(1976年、日本テレビ系)『うちのホンカン』シリーズ(1975年 - 1981年、北海道放送)など)なんかも出演してもらえると嬉しいです。

そして大滝秀治さんや中条静夫さん、川谷拓三さんや室田日出男さんががご存命だったら、きっとて出演されているでしょうね。
もちろん、坂口良子さんも。


やすらぎの郷(上) 第1話~第45話
倉本 聰
双葉社
売り上げランキング: 4,490


大都会 -闘いの日々- BOX [DVD]
ポニーキャニオン (2012-04-18)
売り上げランキング: 80,851



2016-02-21

映画「オデッセイ」を見た

リドリー・スコット監督の映画「オデッセイ」を見てきました。
評判通りよくできた映画でした。
新宿の劇場は公開から少し経ったにもかかわらず一番大きなスクリーンに満員の観客でした。

この邦題、普通だったらオディッセイって付けたいよね。
「デ」って付けちゃうとなんか、おじさんがディズニーランドのことをデズニーランドって言ってるみたいでちょっと気になりました。
オデッセーでもなく、オディッセイでもなく、オデッセイってとこが微妙に今なのかもですね。
あっ、結果、この表記で問題ないですから、はい。

私も昔、映画の邦題を決める会議に出たことがありますが、このタイトル会議も細かな表現の違いを並べて、みんなで決めたんでしょうね。
私が覚えているのが故アラン・リックマン主演の映画「Truly Madly Deeply」という映画のタイトルです。
最終的にタイトルは「愛しい人が眠るまで」と決まったんですが、このタイトルは配給会社の宣伝部とかではない部署の若い女性社員の案がすんなり採用されました。
私もいくつか案を出しましたたが、決定したこのタイトル、とても良いですよね。

ところでこの映画は音楽でも話題です。
劇中で主人公から「最悪」の趣味といわれながらも要所々々に使われてた70年代のディスクの名曲たち。
良かったですね。

Songs from the Martian
Songs from the Martian
posted with amazlet at 16.02.21
Original Soundtrack
Imports (2015-11-13)
売り上げランキング: 223


そして劇伴はハリ・グレッグソン=ウィリアムズ。
初期にはハンス・ジマーと連名で「ザ・ロック」や「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」 (2005)さらに「ティガー・ムービー/プーさんの贈りもの 」(1999)や「シュレック」 (2001)などアニメやゲームの「メタルギアソリッド2 サンズ・オブ・リバティ」(2001)と多才です。

ハンス・ジマーが主宰する作家集団リモート・コントロールの筆頭スタッフですね。
リドリー・スコットとは「キングダム・オブ・ヘブン」(2005)で初コンビ。
でも、この「オデッセイ」も製作しているスコット・フリー社の協同設立者の故トニー・スコットとは「エネミー・オブ・アメリカ」(1998)で仕事しているのでつきあいは長かったのでしょう。
シンフォニーからシンセ中心の音楽とBGMもたの問い作品です。

ところで、リドリー・スコット監督はこれまでハンス・ジマー歴長いんですよね。
ハンス・ジマーとリドリー・スコット最初の共同作品は「ブラック・レイン」(1989)でした。
それ以降ジマーは、「テルマ&ルイーズ」 (1991) 「グラディエーター」(2000) 「ハンニバル」(2001)「 ブラックホーク・ダウン」 (2001) 「マッチスティック・メン」(2003)と数多くの作品に曲を提供しています。
ここ最近ジマーが曲を担当しなかったのは「マッチスティック・メン」でメロディはニーノ・ロータを編曲させられた?からかもです。


The Martian: Song and Score
The Martian: Song and Score
posted with amazlet at 16.02.21
Harry Gregson-Williams
Imports (2015-11-06)
売り上げランキング: 1,006


メタルギア ソリッド2 サンズ・オブ・リバティ ― オリジナル・サウンドトラック
ゲーム・ミュージック
コナミデジタルエンタテインメント (2001-11-29)
売り上げランキング: 43,780

2015-11-29

そろそろスター・ウォーズを見に行く為にいろいろ調べてみました

新作の「スター・ウォーズ」がもうすく公開となります。
タイトルは「スター・ウォーズ フォースの覚醒」(Star Wars: The Force Awakens)。
長いね。

■公開日
日本では12月18日(金)だそうです。アメリカではプレミア上映が14日(日本時間だと15日)にあり、一般公開は日本と同じ18日ということは、時差の関係で日本の方が早くなりますね。

■作品について
製作会社をIMDbで調べると、Lucasfilm (as Lucasfilm Ltd.)、Bad Robot、Truenorth Productionsの三社が製作会社ということです。(ディズニーは出資してませんね)
これまでの「スター・ウォーズ」シリーズはジョージ・ルーカスのルーカス・フィルムが製作していましたが、ルーカス・フィルムをルーカスがディズニーに売却しました。
結果ルーカスが不在となっても存続する会社としてのルーカス・フィルムが製作会社であり続けています。
また、監督のJ・J・エイブラムスの会社のバッド・ロボットも製作しています。
Truenorth Productionsのことはよくわかりません。
製作者はキャスリーン・ケネディ、J・J・エイブラムスそしてブライアン・バーク。
キャスリーン・ケネディはその昔、スピルバーグの秘書でしたが、スピルバーグがその手腕を評価してスピルバーグは自身の製作会社であるアンブリン社を共同で創設。
ちなみにキャサリンは双子の片割れだそうです。
アンブリンには1992年まで在籍しましたが、その後は夫のフランク・マーシャルと共にThe Kennedy/Marshall Companyを設立しますが、独立後にもスピルバーグの作品の製作は続けたり日本のジブリの「崖の上のポニョ」のアメリカ版のプロデュースも担当しています。
そして2012年に夫を会社に残し自身はルーカスフィルムに転じ、後に社長になりました。

■脚本
私にとっては非常に期待大なスタッフになりました。
「帝国の逆襲」なども担当したローレンス・カスダン、脚本家としての手腕もすばらしいJ・J・エイブラムス、
そしてこれまではあまり知りませんでしたがピクサー作品から「ハンガー・ゲーム」も担当したマイケル・アーントの三人がクレジットされています。

■映画フォーマット
IMDbによると、上映時間は135分。
音響はIMAX用のデジタル12ch、ドルビーアトモスそしてドルビーデジタル。
アスペクト比はIMAXでは1.43 : 1ですが、 基本的にはシネスコサイズの2.35 : 1
撮影でもいくつかのシーンではIMAXの65mmフィルムカメラでも撮影されていますが、基本的にはパナビジョンのデジタルカメラで撮影し、65mmと35mmのフィルムでマスターを作成したようです。
35 mm (Kodak Vision3 50D 5203, Vision3 250D 5207, Vision3 500T 5219)
65 mm (horizontal) (Kodak Vision3 50D 5203, Vision3 250D 5207, Vision3 500T 5219)

そして上映用フォーマットは35 mmフィルム 、70 mm IMAX用、そしてほとんどの日本の劇場ではデジタルのD-Cinema として3Dも含め上映されるようです。

これなら、うちはユナイテッドシネマとしまえんかな?

ユナイテッドシネマ としまえん スター・ウォーズ/フォースの覚醒     
<2D字幕版><IMAX3D字幕版><4DX3D字幕版/4DX3D吹替版>

をっと、としまえんにも4DX導入って・・・


新宿のTOJHOゴジラ劇場は混むだろうなぁ・・・

◆TOHOシネマズ新宿では「IMAX 3D」、「MX4D 3D」、「DOLBY ATMOS 3D」 「通常 3D」 「2D」版の上映を予定しております。(全て字幕版) ※「2D」以外のバージョンの座席指定チケットは、11月18日(水)からの先行販売では、販売致しません。 ※販売日や上映スケジュールは、本サイトで後日発表致します。

●サウンド・トラック
てっきりマイケル・ジアッキーノがジョン・ウィリアムズのメロディーをベースに担当すると思ってました。監督のJ・J・エイブラムス作品といえばジアッキーノですからね。
もう、ハリウッドで作られるリメイク物の神ですから。
「ミッション・インポッシブル」、「スター・トレック」、「猿の惑星」などのリメイク作品の音楽、これみんなジアッキーノが担当でした。
ジョン・ウィリアムズ御大も、最近はお年で担当作品数が激減でしたし。
なので、「スター・ウォーズ」も彼だと思ってたんですけどね。
でも、御大ジョン・ウィリアムズが新作を担当ってやはり楽しみです。
サントラ盤の発売はアメリカで12月18日の公開と同時だそうです。(日本は12月25日)

収録曲は

1. Main Title And The Attack On The Jakku Village
2. The Scavenger
3. I Can Fly Anything
4. Rey Meets BB-8
5. Follow Me
6. Rey's Theme
7. The Falcon
8. That Girl With The Staff
9. The Rathtars
10. Finn's Confession
11. Maz's Counsel
12. The Starkiller
13. Kylo Ren Arrives At The Battle
14. The Abduction
15. Han And Leia
16. March Of The Resistance
17. Snoke
18. On The Inside
19. Torn Apart
20. The Ways Of The Force
21. Scherzo For X-Wings
22. Farewell And The Trip
23. The Jedi Steps And Finale

Ost: Star Wars
Ost: Star Wars
posted with amazlet at 15.11.29
John Williams
Imports (2015-12-25)
売り上げランキング: 87,255

過去の曲はこちらで
収録はインタビューCDやDVDも入ってます。

Episode I - The Phantom Menace (1CD)
Episode II - Attack of the Clones (1CD)
Episode III - Revenge of the Sith (1 CD + 1 DVD)
Episode IV - A New Hope (2CDs)
Episode V - The Empire Strikes Back (2CDs)
Episode VI - Return of the Jedi (2CDs)
Bonus CD: Exclusive Interviews with John Williams and Harrison Ford (1CD)


Star Wars: The Ultimate Soundtrack Collection

Masterworks (2016-01-08)
売り上げランキング: 15,810


アート・オブ・スター・ウォーズ/フォースの覚醒
フィル・スゾタック リック・カーター
ヴィレッジブックス
売り上げランキング: 1,352


2015-02-01

ソウル・バスやカイル・クーパーの傑作タイトルが見放題のサイト

昔から沢山映画を見てきたんですが、そんな映画の中にユニークなオープニングタイトルの映画があり、そんなタイトルのデザイナーがいることを知ったのはずいぶん昔のことです、
それこそ、雑誌「映画宝庫」で石上三登志さんが映画のオープニングのスチルと共に紹介されたりしていたを拝見してましたた。

さて、最近でもタイトルデザイナーとしてカイル・クーパーとかは有名ですが、カイル・クーパーが触発されたヒッチコック映画で有名なソウル・バスのタイトルデザインをYouTubeで探したりしてましたが、もっと高画質でまとめて見ることの出来るサイトを知って驚喜しました。


Art of the Title

このサイト、新旧のタイトルデザイナー作品を数多く収録しています。
しかもけっこうなクオリティの映像で。

もう時間の経つのを忘れる位楽しいサイトです。

収録されてる映画のタイトルは柿のような作品です。
それ以外にもテレビやゲームのタイトルシーンが紹介されているので、お好きな方はどうぞ。


続きを読む "ソウル・バスやカイル・クーパーの傑作タイトルが見放題のサイト" »

2014-10-22

世界で最も早く「ベイマックス」(Big Hero 6)が日本でお披露目されますね

「ベイマックス」(Big Hero 6)はディズニーの新作劇場用アニメ映画です。

アメリカでの公開が11月7日とのことなので、明日10月23日から開催される東京国際映画祭のオープニングで上映されるということは、世界初公開がここ東京だと言うことです。
(お話の舞台も日本ぽい架空の都市なのでぴったりなんでしょう)
監督は「くまのプーさん」のドン・ホールと「ボルト」のクリス・ウィリアムズの二人。

この作品、原作がマーベルコミックというところが新しいですね。
既に実写ものではマーベルの映画をディズニーが配給して大ヒットしていますが、ついにデイズニーの本陣とも言えるアニメでもマーベルの作品が映像化されるようになったんですね。感慨深い・・・
日本では12月20日公開。

ちなみに、音楽はここんとこディズニー率が超高い、ハンス・ジマー一家のヘンリー・ジャックマン。

これまで担当したディズニー作品は

くまのプーさん (2011)←歌曲は「アナ雪」のロペス夫妻でした
崖っぷちの男 (2011)←日本ではディズニー配給ですが、元はサミット作品なので、実は非デイズニー
シュガー・ラッシュ (2012)
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー (2014)

ほのぼのした「くまのプーさん」もあれば、ゲームミュージック風だった「シュガー・ラッシュ」、そしてシリアスな実写映画も無難にこなす手腕には驚きです。
そのためか、実はライバルのドリームワークス・アニメーション社の音楽もやっていること。

ジマーは初ディズニー作品だった「ライオン・キング」でオスカーを受賞しましたが、その後はドリームワークスをたちあげたカッツェンバーグにドリームワークスの音楽部長に抜擢されたためか、デイズニー作品の音楽はやってません。
しかし、ジャックマンなどジマーが主宰するリモートコントロールのメンバーはディズニーとドリームワークスの双方で音楽をやってます。

ジャックマンは一本立ちした初期にドリームワークスの「モンスターVSエイリアン 」(2009)を担当、さらに「長ぐつをはいたネコ」(2011)、そして去年は「ターボ<未>」(2013)とディズニーの「シュガー・ラッシュ 」をやってるのにライバル作品の音楽も作曲してます。

ちなみに、この映画のテーマ曲はこれ
Fall Out Boy の Immortalsという曲

Fall Out Boyのテーマ曲も収録されたベイマックス(Big Hero 6)のサントラ盤は11/24発売予定。
もちろん作曲はヘンリー・ジャックマン
日本限定のAIのStoryは未収録です。

1. Immortals (Fall Out Boy)
2. Hiro Hamada Score
3. Nerd School Score
4. Microbots Score
5. Tadashi Score
6. Inflatable Friend Score
7. Huggable Detective Score
8. The Masked Man Score
9. One of the Family Score
10. Upgrades Score
11. The Streets of San Fransokyo Score
12. To the Manor Born Score
13. So Much More Score
14. First Flight Score
15. Silent Sparrow Score
16. Family Reunion Score
17. Big Hero 6 Score
18. I Am Satisfied With My Care Score
19. Signs of Life Score
20. Reboot Score

なぜか限定版と書いてあります・・・

Big Hero 6
Big Hero 6
posted with amazlet at 14.10.22
Various Artists
Walt Disney Records (2014-11-24)
売り上げランキング: 2,605

2014-05-14

エルサ(アナ雪)が実写で登場するテレビシリーズ

あいかわらず映画興行が絶好調のディズニー映画「アナと雪の女王」ですが、ディズニーが製作しているテレビシリーズ「ワンス・アポン・ア・タイム」の次のシリーズにエルサが登場するそうです。

これは、シーズン3の最終回に青いドレス姿のエルサが登場し、次のシーズン4にエルサが登場することを予告しています。
この動画では2分30秒あたりから、登場しています。

日本でもNHK BSプレミアムで放送されていますが、シーズン4の放送はいつ頃になるのでしょうか?

2014-05-04

「アナ雪」エルサ役のイディナ・メンゼルがお尻を出してた

ゴールデン・ウィークの連休となり、あいかわらず客足の絶えない「アナと雪の女王」の話題は尽きませんね。

今年のアカデミー賞の授賞式で、アカデミー賞歌曲賞のノミネート作品紹介の時に私も見てましたが、「アナと雪の女王」でエルサ役を演じて歌唱もした、イディナ・メンゼルのパワーは心に残るパフォーマンスでした。
しかし授賞式の中継ではイディナ・メンゼルが「レット・イット・ゴー」をライブで歌うのが初めてなので、ちゃんと歌えるか心配との解説がされていました。

なるほど、アニメ用の歌唱はスタジオでの録音ですから、観客の前で歌うことはないですから。
イディナ・メンゼルはブロードウェイで有名だとこれまた何度も説明されていましたが、どんな作品に出てたかなんて知らなかったのでちょっと調べました。
まずはブロードウェイ関連の音楽CD。

映画にもなった「レント」1996初演のオフ・ブロードウェイ版からのオリジナル・キャストで、ブロードウェイの初演からMaureen Johnson役で出演していました。

Rent (1996 Original Broadway Cast)
Various
Dreamworks (1996-08-27)
売り上げランキング: 40,318

2000年にはこれまたオフブロードウェイで上演された「ワイルドパーティー」に出演しています。

The Wild Party (Lippa) (2000 Off-Broadway Cast)
Various
RCA Victor Broadway (2000-07-11)
売り上げランキング: 324,792


2003年には、日本でも有名になった映画「オズの魔法使」の別の物語「ウイキッド」のオリジナルキャストの一人としてElphabaを演じています。

Wicked
Wicked
posted with amazlet at 14.05.04

Decca Broadway (2003-12-16)
売り上げランキング: 123

2005年初演のこのミュージカルは、原作が芥川龍之介の「藪の中」、ということは黒澤明の「羅生門」を元にしたミュージカルなんですね。
スチール写真を見ると、どこか和風なコスチューム。メンゼルは映画では京マチ子が演じた女性Kesa(袈裟)を演じています。

See What I Wanna See
See What I Wanna See
posted with amazlet at 14.05.04
Various
Ghostlight (2006-03-07)
売り上げランキング: 334,011

元ABBAのメンバーのベニー・アンダーソンとビョルン・ウルヴァース(昔はビョルンとベニー名義でも活動してました)の作曲、ティム・ライス作詞によるミュージカル。メンゼルは2008年にフローレンス・ヴァッシー(Florence Vassy)を演じたそうです。

Chess in Concert
Chess in Concert
posted with amazlet at 14.05.04
Various Artists
Reprise / Wea (2009-07-09)
売り上げランキング: 9,045

メンゼルの新作は2013年初演の「If/Then」で、そのCDは6月発売です。

If/Then: A New Musical / O.B.C.R.
Original Broadway Cast of If/Then: A New Musical
Masterworks (2014-06-03)
売り上げランキング: 3,025

【おまけ】日本語歌曲入りの「アナと雪の女王」サントラ盤は2014/05/04現在欠品。
今回の映画のヒットは計算済みと関係者が話してましたが、ヒットの源は松さん歌唱の"レリゴー"だったことがわかりましたね。
こちらのCDなら松さん神田さんの歌声と共にイディナ・メンゼルと デミ・ロヴァートの歌声が聴けます。
あっ、 May J.さんのもね。(しかし、ジャケット変わったの?アマゾンとエイベックスでジャケ写が違う)

映像は映画版からですが、イディナ・メンゼルは「RENT レント」のLa Vie Boheme B ラ・ヴィー・ボエーム Bという曲でお尻出しちゃってたんですね。
私はこのミュージカル映画を未見だったので知りませんでした。
しかし、さすがブロードウェイで苦労してきた人は根性座ってますね。
今度ビデオで見てみたいです。

ちなみに、「RENT」の主題歌「Seasons of love」はキリン缶コーヒーファイアのコマーシャルでずっと使われている曲です。

2014-04-27

「アナ雪」で活躍の日本人クリエイター ロング実由さん

ディズニー映画「アナと雪の女王」には多くの日本人スタッフが関わっていることは、劇場で販売されているパンフレットに記載がありました。
その中に、ミユキ・カンノ・ロング"Miyuki Kanno Long"(最近は ロング実由)さんが紹介されています。

この方、「シュガー・ラッシュ」公開時にテレビのプロモーション番組でも担当されたシーンと共に紹介されていました。 

まぁ、ロング実由さんはNHK-BSで放送された「すべては夢を届けるために~ウォルト・ディズニー創造の軌跡特別編~」で嵐の大野智くんが取材していたので、覚えていらっしゃる方もいるかも。
彼女、これまでもディズニーアニメの「プリンセスと魔法のキス」、「塔の上のラプンツェル」、「シュガー・ラッシュ」と担当しています。
ただ、IMDbでは「アナと雪の女王」は表記されていないんですよね。

http://www.imdb.com/name/nm3748035/

彼女のブログは下記から見ることが出来るので、将来ディズニーでクリエイターとして働きたい方は、直接連絡を取られることをおすすめします。

https://www.blogger.com/profile/02230028717604156865

こちらの雑誌でもインタビューが掲載されています。

○海外で働く日本人アーティスト
   ロング実由(Animator/Walt Disney Animation Studios)

CGWORLD (シージーワールド) 2014年 4月号 vol.188

ワークスコーポレーション (2014-03-10)

より以前の記事一覧