カテゴリー「コンパクト デジタルカメラ」の4件の記事

2014-06-05

旧古河庭園の薔薇をFZ200で撮ってきた

先月ですが、旧古河庭園に薔薇の花の写真を撮りに行ってきました。
撮影はすべてLUMIX DMC-FZ200です。

Bara1


わたらせ

Bara2


デザートピース

Bara3_2

クレオパトラ

Bara4

インカ

Bara5

遠かったので名前不詳

Bara6


Bara7

丹頂

Bara8


カトリーヌ"幸せはパリで"ドヌーブ

Bara9

イングリッド・バーグマン

Bara10

2013-12-31

動画カメラとしてのFZ200

先日で購入したPanasonic ルミックス DMC-FZ200(購入時29,800円)ですが、一ヶ月程使ったところで、このカメラの感想を。

Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ200 光学24倍 ブラック DMC-FZ200-K
パナソニック (2012-08-23)
売り上げランキング: 2,139

♥初のネオ一眼カメラFZ200はとっても使いやすい
確かにコンパクト・デジタルカメラとしてはちょっと大きめです。
でも、いわゆるネオ一眼カメラとしては普通なサイズかと思います。
それに、本来このカメラはビデオカメラとして買いました。
これまで使用していたハイビジョンカメラがSONY HDR-HC1なのでHC1と比べれば小さいので許容範囲なんです。
ということで、基本的に普段使いで問題ないです。


そりゃSONYのDSC-RX100のようなコンパクト・デジタルカメラと比べればずんぐりむっくりしててかさばりますが、動画と静止画用のカメラが一台で二役だと思えば納得です。しかもレンズは25mmから600mm(35mm換算)でF2.8通しですからね。

■MacのiMovieとAVCHDビデオの相性は今一つだけど、OSをバージョンアップすれば・・・
現在使用中のMacはOS10.8.5でiMovieはiMovie '11(Ver.9.0.9)。
Mountain Lionで、バージョンとしては最新より一つ前。
なので、MacでAVCHDを取り込むときにいくつかの制限がありました。

○FZ200ではAVCHDの拡張規格であるAVCHD 60p、つまり秒60フレームのプログレッシッブを取り込めませんでした。
また、SDカードに60iと60pのファイルが混在していると60iのファイルを取り込めませんでした。

○OSを10.9にすると60pも取り扱えるようです。
ただし、この情報はSONYのページにありました。

引用しますと、

iMovie で取り込む場合は、以下の点をご確認ください。

AVCHD形式の動画ファイルに対応しているiMovie '08以降が必要です。
AVCHD PSモードで撮影された動画を取り込む場合は、Mac OS X 10.9 および iMovie v10 以降が必要です。
PowerMac G5は、高解像度モードのAVCHD形式の動画ファイルには対応しておりません。
MP4ファイルが混在している場合は、AVCHDファイルは認識されません。
MP4ファイルをパソコンにバックアップしてから、カメラでMP4ファイルを削除し、もう一度接続することでAVCHD形式の動画ファイルが認識されます。
iMovie '11 (バージョン 9.0.1 以降) では複数のファイル形式が混在しても認識できます。

SONYさん曰く
AVCHD PSモードで撮影された動画を取り込む場合は、Mac OS X 10.9 および iMovie v10 以降が必要です。

このAVCHD PSモードというのがAVCHD 60pの動画です。
Mac OS X 10.9 は、OS X Mavericksと呼ばれるMac OSの最新版です。
そして、Mac OS X 10.9 用にバージョンアップされたiMovieが iMovie v10になります。
Appleもやっと60pに対応してくれましたが、わが家ではまだ使えませんね。残念

●Adobe Premiere Elements 11ならAVCHD 60pの動画も取り込み可
ちなみに、現在のOSで手持ちのAdobe Premiere Elements 11で60pの動画の取り込みをテストしたところ、なんとちゃんと取り込めました。
ということは、最新のAdobe Premiere Elements 12でも取り込みは可能だと思います。
ただ、 Premiere Elementsで編集する気がまったく起きないユーザーインターフェイスなので、60pの画像をiMovieで取り込める様に変換できるかとかは今後テストしてみたいです。
ということで、2014年早々にはMacのOSをバージョンアップして、iMovieのバージョンも上げて60p動画の取り込みをチェックしてみたいです。

Adobe Premiere Elements 12 Windows/Macintosh版
アドビシステムズ (2013-10-11)
売り上げランキング: 208



2013-12-06

LUMIX DMC-FZ200用のアクセサリーたち

Fz200set1


今度の週末はデイズニーランドでFZ200のデビュー戦。
でもLUMIX DMC-FZ200が届いてからまだ本格的に撮影出来てません。
とはいえ、FZ200用のアクセサリーは用意しなきゃといろいろ買いました。
■カメラケース
カメラをリュックに入れたりして持ち歩くために、ふかふか素材のケースを探してました。
結果、FZ200用に用意したケースはブランド品になりました。
買ったのは新宿ヨドバシのカメラバッグ売り場でしたが、商品のタグには「お子様のお弁当や飲み物を入れたり、ちょっとしたお出かけの時などにぴったり」と書かれたBUILTのランチバッグです。
素材はカメラケースやベルトに使われているネオブレーンですが、小型お弁当箱入れなんですね。
FZ200がゆったりと入る大きさで、バッグの開口部のファスナーは樹脂製でカメラに傷をつけにくいし軽い。
今のところ、ストラップをつけたカメラとマルミのフィルターケースとフードを入れても余裕があります。
このケースに入れて持ち歩いたとしても、十分かっこいいバッグというかケースです。

BUILT miniゴウメット SDT 121873
BUILT
売り上げランキング: 88,757

■SDカード関係
本当なら、SunDiskの高速なSDカードを買いたいけど、今回は上海問屋の16ギガを買いました。
裸で持ち歩けないので、なんかケースを探しましたが。
SDカードケースはシリコン製で2個入り。
カメラとこすれてもカメラのボディに傷つけない素材と言うことでシリコン製を選びました。
ケースがフレキシブルなので良い感じです。

■フィルター
追加のフィルターとして、PLフィルターとレンズプロテクトを買っちゃったので、SDカードなどのアクセサリー入れ兼用にフィルターケースを買っちゃいました。
フィルター入れと言うより小物入れとして使用します。
100円ショップで買っためがねのレンズ拭きも挟んでます。

■ストラップ
そして、そしてベルトというかカメラ用のストラップとして、ニンジャカメラストラップの中位の太さ25mmのを買いました。
ニンジャストラップみたいにベルトを伸縮させるストラップは最近多いのでもっと良いのもあるんですが、元祖ニンジャストラップは安い。


Fz200set2

■互換バッテリー
本当は純正バッテリー買わなきゃいけませんが、お高いので互換バッテリーを。
互換バッテリー業界では有名ブランドのROWAさんのものを購入。
ちゃんと中国製。

パナソニック DMC-GH2 G6 DMC-FZ200 の DMW-BLC12 互換バッテリー
ロワジャパン
売り上げランキング: 46,934


本当は手ぶれ防止用に胸に押し当てて使う小型三脚も探したんですが、思った様な三脚がありませんでした。残念。
仕方がないので大昔にソニーのビデオ用に買った折りたたみ小型三脚VCT-500を使おうと思ってます。
ちょっと重いんですが、今でもちゃんと使えます。
こんな感じのものです。

2010-04-11

RICOH CX1用のケース(ポーチ)にロープロ・テラクライム30(Lowepro Terraclime 30)を購入

Case1

今日は新宿ヨドバシにRICOO CX1用のケースを探しに行ってまいりました。
希望としては、BUILT NY HOODIEとかCRUMPLER The Thirsty Al のような、ネオブレン製のケースを考えていました。
でも、ヨドバシには残念ながらクランブラーのコンデジ用ケースは見あたりませんでした。

BUOLTのケースはあったんですが、試しに持参したカメラを入れてみましたが、RICOH CX1は最近のデジカメにしては厚みがあるため、どう考えてもパツンパツン。
カメラを保管するだけなら良いのですが、いざ撮影という時にカメラを取り出すのに少し苦労しそうだったので、やめました。
他に良いケースはないかと探したところ、あの有名なカメラアクセサリーメーカーのロープロ(Lowepro)から出ているテラクライム30というケースを発見。
色は、3色あるようでしたが、店頭には黒以外の2色しか無く、私は淡いグリーンのグラスを購入しました。

今回は出来るだけベルクロを使っていないケースを物色しました。
CX1用の純正ケースに使われているマグネット式も良いのですが、汎用ケースにはなかなか無いんですよね。
で、このテラクライム30のふたはS字のフックを使っているため、開閉時に余計な音がしないんですね。
このユニークな所も気に入りました。

Case6

テラクライムはナイロンかと思ったら、95%がPETボトルのリサイクル素材だそうです。

製品には首から提げられるネックストラップも付属していましたが、私は鞄につけていたカラビナをつけてみました。
これでいつも持ち歩けそう。


Case2_2

今回このケースを選んだ理由の一つがアクセサリー入れ。
このテラクライム30には、内側に2つのメモリーカードポケットが付いていました。
ただ、8Gのカードを使っているので、1枚に入りきらないほど撮らないので、予備バッテリー入れに使おうと思います。
(まだ予備バッテリーは買ってません・・・)


Case3

ちなみに、カメラを入れない時のお姿はこんな感じ。


Case4

最後になりましたが、エコということで、ストラップホールも金属やプラスチックではなく、本体と同じような紐で出来てました・・・


Case5_2

本当はもう少し今漠と名ケースの方が良かったんですが。
でも、余計なふくらみが少ないので、良い感じです。
ともかく、大事なカメラを守って欲しいと思います。