カテゴリー「Macintosh」の85件の記事

2014-04-30

iMac用の高級マウスパッド

Mousemat

パソコンでなにか作業する時、通常の操作はほとんどマジックトラックパッドを使ってます。
でも、たまに細かい操作をする時はマジックマウスを使ってます。
これまではパームレスト付きのマウスパッドが机の上にあったんです。
このマウスパッドは使用中に移動しない様にゲル状の下面がベトベトしてて木製の机上に張り付いていたんです。
なので、あまりマウスを使わなくなると邪魔になってしまって・・・
先日、ベリベリと力づくで机からはがして、捨てちゃいました。
とはいえ、机に傷が付きそうでマウスパッドを買わなきゃと思ってたんです。

そんな時、新しくなった吉祥寺のユザワヤに行ったら、端切れの皮を見つけたんですよ。
ユザワヤではクルクル巻いて400円くらいで売ってたんですけど、大きさは20cm×30cm弱、厚さは3mm位でした。
うちの机にはちょっと大きかったので、半分に切って使ってます。
皮革って裏面が毛羽だってざらざらしているので机上でもマウスパッドが滑りにくいんです。

まだ表面にシリコンが付いているのか、ちょっと滑るんですが、これから良い味出してくれると思います。

元が端切れの皮革なので、世界に一つしかないのにとっても安かったマウスパッドでした。


2012-05-19

Mac Blu-ray PlayerでCriterionのBDがちゃんと再生された

現在のMacに、ブルーレイ・ドライブを内蔵したモデルはありません。
ただし、Macでもハード的にはブルーレイが再生出来る能力は持っているので、標準でも外付けブルーレイドライブをUSBでつなげば、ブルーレイのデータにアクセスすることは可能です。
また、Mac Blu-ray Playerというソフトを購入すれば市販のほとんどのブルーレイを視聴することも可能です。

ところがです・・・
以前はワーナーのディスクで日本語の字幕や吹き替えが再生できませんでした。
これはバージョンアップで既に可能になりました。
そして、つい先日バージョンアップして2.2.3になったら、実は困っていたあのクライテリオン社のBDの音声の不具合が解消されました。

私がもっているクライテリオンのBDはここで紹介した2作品ですが、Macで再生すると音声がビリついてとても聞けませんでした。
それがバージョンアップでちゃんと再生出来るようになりました。

いやぁ〜、時間かかったな。
でも、今日ゴジラを見てたら、ディスクアクセス時に映像が止まる現象がありました。
まぁ、気長に待てばこの不具合も治るんでしょうね。

かなり頻繁にバージョンアップを続けているので、次回のバージョンアップに期待します。

2011-12-31

Macで市販のBlu-Rayソフト再生

まずは、アップル社とブルーレイとの関係について、状況をおさらい。

■BDA
Apple社はBlu-ray Disc™ Format(ブルーレイディスク™フォーマット)の規格策定・普及を目的に設立された企業団体「ブルーレイディスクアソシエーション(BDA)」に加盟しています。
BADサイトの参加企業一覧のコントリビュータ・メンバーに入ってます。
本来ブルーレイディスクアソシエーションに加盟した企業はブルーレイを使用する事が可能なのにもかかわらず、故スティーブ・ジョブズの意向でMacのラインナップにBlu-Rayドライブを内蔵したモデルは発売されていません。

■Mac OSでは
ブルーレイ規格でフォーマットはUDF(ユニバーサルディスクフォーマット) 2.50以降と定められて6l<
Mac OSではMac OS 10.5からUDF 2.50をサポートしており、10.5以上ならBlu-Rayディスクをデータディスクとしては読み書きできます。

■Macでの問題点
ところが、市販のブルーレイディスクの再生については、OSとして対応していないため、再生できませんでした。

Mac Blu-ray Player(Macgo社)登場
2011年12月現在で唯一のMac OS Xに対応するBlu-ray再生ソフトウェア。再生用の解読キーをダウンロードするのにインターネットを使用する為、使用にはインターネット接続を必要とする。その為、正式にBDAには加盟していないので、BDロゴは一切使用されていない。
Macでのシステム推奨環境

OS:X10.5以上
CPU:IntelCore2Duo2.4GHz以上
メモリー:512MB以上,
HDD空き容量:250MB以上
HD-ROM:2倍速以上(必須)、内臓型あるいは外付け型、USB2.0規格以、FireWire400以上
インターネット接続
対応フォーマット
Blu-ray M2TS ISO DVD FLV MP4 MPEG1 MPEG2 MOV AVI DIVX WMV M4V DAT IFO VOB 3GP RMVB MP3 OGGなど

■ブルーレイの日本語字幕。吹き替えについて
DVDと違って市販のBlu-Rayディスクのリージョンは日米同一です。
従って、アメリカハリウッドメジャー映画会社の中には日米で同一のブルーレイディスクマスターを使用し、レーベル面の印刷やケースに使うインデックスの印刷だけを日本語にしてマスターを共用しているケースがあります。(ワーナーホームビデオ等)

■Mac Blu-ray Playerの問題点
既に解決しましたが、Mac Blu-ray Playerで日本語パッケージのワーナーホームビデオ社ブルーレイを再生しても、メニューから日本語字幕や日本語吹き替え音声を選択出来ませんでした。
この問題点は2011年12月8日にバージョンアップされたバージョン1.9.6で改善されました。
2011年12月31日現在、Mac Blu-ray Playerはバージョン1.10.1になっています。

ということで、日本語字幕などが使用できなかった問題は「環境制定の中のBlu-ray設定に隠しトラック表示(show hiden track)の機能を追加、使用後すべてのトラックを表示する」というバージョンアップにより選択出来るようになったということは、隠しトラックとして日本語関連のデータをディスクに格納されていたということのようです。
これにより、アメリカアマゾンからBlu-Rayディスクを購入しても、Macで再生できる事になりました。

2011-12-18

"Mac Blu-ray Player"でワーナーのBDソフトの字幕も表示できるようになったよ

うちのMacでもやっとブルーレイの市販ソフトが再生出来るようになりました。
ラシーのハードディスクの上にのっているのがBD再生に使用しているバッファローのBDドライブです。

Bddrive

■BD再生機器
本体 Mac 27インチモデル(Late2009 Core i7)
BDドライブ BUFFALO BP3D-PI6U2-BK MacとはUSB 2.0で接続。

■BD関係ソフト
市販BDソフト再生 Mac Blu-ray Player

■ブルーレイディスクの視聴
市販のBDソフトの再生は、上記Mac Blu-ray Playerソフトを使うことでで可能です。
一般的なブルーレイソフトについては、問題なく視聴出来ます。

★一部ディスクで日本向け機能が選択出来なかった
ところが、ワーナーホームビデオのブルーレイディスクの再生に問題がありました。
例えば、「リーサル・ウェポン3」のソフトをMacで再生させても、日本語字幕も吹き替えも選択出来ないのです。
(Mac Blu-ray Playerでは一般的なBDソフトに収録されているメニュー画面を表示せず、Mac Blu-ray Playerのメニュー画面で字幕や音声を選択するようになっています)
ところが、2011年12月9日(日本時間)に更新されたMac Blu-ray Playerバージョン1.9.6で追加された機能「環境制定の中のBlu-ray設定に隠しトラック表示(show hiden track)の機能を追加、使用後すべてのトラックを表示する」により、日本語字幕や日本語吹き替えが選択出来るようになり、これでやっとまともなBD再生ソフトになりました。
(本日2011年12月18日現在、Mac Blu-ray Playerは12/16日にもバージョンUpして1.10.0になっています)

■設定方法
Blu-ray Playerソフトを起動
Blu-ray Playerメニューにある、「環境設定」を選択
Blu-rayメニューを選択し「show hidden tracks」にチェックマークを入れる

以上の設定をしてから、BDを再生するとMac Blu-ray Playerメニューの画面から、BDに日本語字幕や吹き替えが収録されていれば、
音声に「japanese」という選択肢も表示され、これを選択すれば字幕か吹き替えが再生されます。
また、再生中でも画面右下に表示される「字幕」や「音声」というボタンから日本語字幕を選択出来るようになりました。

★ハリウッドメジャーの一部BDソフトメーカーは、全世界同一マスターでプレスしているようで、日本で再生される場合、再生機器の「メニュー言語」が日本語の場合不可視フォルダー内のメニューを表示させていたようです。
なので、日本で一般的に販売されているソフトでも、Mac Blu-ray Playerで再生しても日本語字幕が選択出来ませんでした。

この問題がクリアされたので、アメリカアマゾンから購入したワーナーの旧作BD(風と共に去りぬ、オズの魔法使、ベン・ハー、北北西に進路を取れなど)も安心して再生できます。
これで正月休みの楽しみが増えました。

2011-10-07

ありがとう、スティーブ・ジョブズ

Jonathanmak1

もう、昨日になりますが。
スティーブ・ジョブズが亡くなりました。
残念です。

日本でも開催されていたマックエクスポの基調講演のために何度か来日してスピーチもされていたにもかかわらず、結局一度も見ることはありませんでした。
見ておけば良かった・・・・

最初に買ったパソコンはNECのPC-8801でしたが、その後会社の人から紹介された、昭和通り沿いにあったバンキングシステムというショップで買ったのがMacintosh Plusでした。
これが初Mac。
なぜMacを買ったかと言えば、何かの展示会で見たハイパーカードでした。
このソフトで「オーサリング」という言葉を覚えました。

その後、Macintosh SE/30、PowerMac 7600、PowerBook 100、PowerMac G4(QuickSilver)、PowerBook 520c、PowerMac G5(Early 2005)ときて、現在はiMac 27(Late 2009)と20年以上Macユーザーです。
従って、Macの情報はずっと見続けてきましたので、Appleという会社を象徴するジョブズという人間にも興味がありました。
またバトル・オブ・シリコンバレー(1999)というテレビムービーもWOWOWで見ました。

どなたかのTwitterで知りましたが、2001年に来日したときにNHKの「クローズアップ現代」にジョブズが出演した動画が見られるようです。

NHK クローズアップ現代 2001年 3月29日(木)放送 
パソコン界の先駆者そのベンチャー精神に迫る

ちょうど10年前の元気なころのジョブズをご覧ください。

2011-03-09

iMac 27corei7用に2テラバイトのハードディスクを買いました

外付けHDDは買い時が難しいですよね。
待っていれば必ず安くなる。

私が最初にMac用に買ったハードディスクは、たしかMac Plusと一緒に買ったもの。
Mac Plusって内蔵はフロッピードライブ一台のみで、HDDは内蔵されていなかったんですよ。

買った外付けハードディスクは20MBだったかなぁ40あったかなぁ?
そう、ハードディスクの容量の単位はメガですよ、単位はメガ。
HDDドライブはMac Plusの下に敷いて使ってました。

さて時代は変わって、昨日届いたHDDはLACIEの2テラバイト。

容量でかい。
なのに安くなりました。

Lacie_2thdd

以前は秋葉館で良く特価で売られていた、Macユーザーなら良く知ってるLACIEのハードディスク。
ちなみに、HDDの上のCDはAmazonに一緒に頼んだ「ランナウェイズ」のサントラ
伝説のガールズロックバンドの伝記映画。
シェリー・カリーをダコタ・ファニングが演じ、CDの歌唱も彼女。

HDDの話に戻りますが、
今回購入したHDDは2テラで今ならAmazonでは8,800円。(2011年3月9日現在)
Lacie2thdd

LACIEの文字が凛々しいのは、昨年10月に購入した、アルミボディのLACIEでこちらは1Tバイトで7,480円でした。(2010年10月22日の価格)
半年で倍の容量なのに価格はほとんど変わらないじゃないですか。
いやいや、本当に安くなりましたね。

今回購入したHDDはアルミボディの上に乗っている、黒いボディのHDDが2Tバイトのものです。
でも、写真ではほとんど影ですね・・・トホホ

現在、アルミの1テラバイトのハードディスクから黒い2テラバイトのハードデイスクにTimeMachineデータのコピー中。
残り時間6時間か・・・

2010-11-27

iMac Core i7 (MB953J/A)到着から一週間たちました

整備済製品のiMac MB953J/A(アップルストアからの明細にはRFB IMAC 27"/2.8QC/2X2G/1T/4850-512-JPNと表記されてました)が届いてから早一週間たちました。
iMacについてここまでのレビューというか感想を

■旧マシンからの設定の移行は超簡単
旧マシンのPowerMac G5 2.0Dual OSX 10.5.8マシンから移行しました。
(わがblogで調べるとPMG5を買ったのは2005年7月19日だとわかりました→当時のblog)
webの情報では、PowerPC MacからIntel Macへは移行アシスタントを使うとトラブルが多いという知識はありました。
そこで、移行アシスタントを使ってアプリケーション以外を移行しました。
途中マシンの前から離れましたが、トータル3〜4時間かかってたかな?
移行後iMacを再起動するとDockにはズラ〜と「?」マークが並びました。
そこで、「もし動かなかったら一つずつ入れ替えよう」と考えアプリケーションも移行アシスタントに任すことに。
結果的には問題無く起動したアプリばかり。
機能拡張的なファイルの悪影響も無く、システムトラブルもこれまでの所ありません。
起動時間もまぁ速いし。

■スリープについてはちょっと問題が出た
Macのスリープにはトラブルがつきものですが、外付けTimeMachine用USBドライブを付けているためか、スリープしても即目覚める症状がありましたが、これは環境設定の「Bluetooth」iや「省エネルギー」の設定をいじることで解決しています。

■クアッドコアの恩恵
とりあえず、iMovieを旧マシン環境で使用していた外付けHDDを繋ぎ直し、iMovie '09で作成されたプロジェクトをiMovie '11で読み込み直しましたが、特に問題は無さそうです。
さらに先日うちのふたご姫を撮影したHDVを取り込み、ちょこっと編集したものをiPod Touch用にiMovieで共有メニューから書き出してみました。
旧環境では最低でも3時間コースの作業でしたが、iMacでは40分位かな?

変換させている時にアクティビティモニタを表示させてみました。

Monitor

これ、キャプチャじゃなくて写真です。
Corei7はクアッドだけど8コアに見せかけるのでグラフは8本表示されますね。
これ、ちょっとうれし・・・
でも、こうした作業をさせるとiMacのモニタ裏の上部はかなり熱くなりますね。

■初液晶モニタ
旧環境ではSONYの17インチCRTでした。
このモニタはG5の前のPowerMac G4 QuickSilverの時に買ったものなのでもう8年は使ってました。
映りが革命的にくっきりしちゃいました。
あと、27インチってのは広くて良いです。

◆最後に整備済製品について
オンラインのアップルストア内にありますが、いつも潤沢に販売されているものではありません。
不定期に商品が放出されます。
当初は深夜2時くらいに更新されていましたが、不評だったようで平日のビジネスアワーに更新されるようになりました。
突如の更新に備えるため、更新があった時にメールでお知らせしてくれるサービスがいくつかあります。
たとえばここのように。
整備済製品は過去にも利用していて、以前買ったのはiPodでした。
なので、記念にiPodとiMacをパチリ

Ipod

この整備済iPod購入についてのblogはこちら


さて最後にCore i7の希少性について。
最新のiMacmid2010モデルでも、私が購入した一つ前のlate2009モデルでもAmazonや家電量販店で購入できるiMacの最上モデルはCore i5のiMacになります。
Core i7のiMacも量販店で買えることもありますが、通常このモデルの在庫はされず客注扱いで取り寄せになります。
店頭在庫品だとヨドバシやビックでは5%、ヤマダ電機だと18%くらいになるのポイントですが、Core i7ではほぼポイントなしなので割高に感じちゃいます。
なので、Core i5までのモデルとCore i7のiMacでは出荷数が大きく違うでしょう。
ということは修理交換でAppleに返ってきた製品が原資の整備済製品なので、放出される数が大きく違っているわけです。

ちなみに、iMac 27インチのこのiMacですが、当時の価格は218,160円。
これが整備済製品だと144,800円。
だいたい34%オフで買えちゃうわけです。
来年になれば、現行機種のMC511J/Aのcorei7モデルも131,500円程度で放出されるはずなので、iMac購入をもう少し待てる方は待つのが良いのではないでしょうか。

2010-11-21

Mac整備済製品購入顛末記 iMac 27インチ 2.8GHz Quad-Core Intel Core i7 無事到着

iMac 27インチ 2.8GHz Quad-Core Intel Core i7 (09年10月モデル)が税込144,800円で買えちゃう、ネットのアップルストアの整備済製品で18日木曜日の夕方にオーダーした、iMac 27インチ 2.8GHz Quad-Core Intel Core i7(MB953J/A(2660))ですが、昨日の午前中に届きました。

■アップルの整備済製品とはこちらを
■現在の整備済製品はこちらをご覧ください。

購入時のことはこちらに


このMacについてを見ると、ちゃんとCore i7と表示されます。
ちなみに、グラフィックカードはATI Radeon HD 4850でVRAMは512Kでした。


Aboutimac27_3

ますはAppleのトラブルについて

■2010/11/18 16:51 購入確認の自動メール「Apple Store ご注文内容の確認」メール
■2010/11/18 16:53 カード決済確認の「ご注文成立のお知らせ」メール
ところが
■2010/11/19 22:21 「Apple Storeよりご注文に関する重要なお知らせ」メール到着

こちらのメールですが、Appleの通販システムにトラブルがあるらしく、商品発送のメールが送れていて、購入履歴錠は発送準備となっていても私のオーダーしたiMacは既に発送されているという内容でした。

■2010/11/20 05:51 「商品出荷のお知らせ」メール到着

荷物は無事に土曜日の午前中に届きました。
以前、iPodの整備済製品を購入した時は、茶色っぽい普通の段ボール箱で届きましたが、iMacは無地ですが、白い段ボール箱に入って届きました。

Imac1

ただ、段ボール箱の中は通常商品ときっと変わりません。

Imac2

本体横の細長い箱にキーボード、マウスと共にシステムDVDディスクなどが同梱されていました。

Imac3

整備済品の紹介ページにも書かれていましたが、整備済Mac本体にはiLife '11のディスクがちゃんと同梱されていました。

Imac4

整備済品について、いろいろな掲示板で外装に傷があると心配されていますが、今回のiMacは薄い紙でカバーされています。
開けて本体を調べましたが、傷などありませんよ。
ただし、Macを作っているApple社はアメリカ企業と言うことで、薄い紙を開けるとソフトウェアの使用許諾契約に合意したものとする・・・というちょっと現実に戻される警告文が書かれています。

Imac5

少し引きの写真も。
ちょうど液晶の裏側にこのシールが貼られています。

Imac6

昨日はこんな状態で旧マシンのPowerMac G5とiMacをFireWireで繋いで旧データの移行を行いました。
その間、私はカミさんと買い物に出ておりましたが、アプリを除いて移行作業に4時間程。
そのあと、結局アプリケーションも移行しました。
なので、昨日は夜遅くまでコピー作業をさせながらMacを使ってました。

Imac7

■問題発生
PowerMac G5ではSOHO TAPというパソコン連動タップを使用していました。
このテーブルタップ、パソコンと書かれたコンセントにMacをつなぎ、Macにつなげた外付けHDDなどを連動したコンセントに繋いでおくと、パソコンの電源を入れると自動的に外付け装置への電気を流してくれるものです。
ところが、PowerMacからiMacに差し替えたところ、正体不明なかちかちいう音がするではありませんか。
最初、何から音がしているのかすらわかりませんでしたが、耳を近づけて確認するとこのタップが原因でした。

Tap1

その後、ちょっと検索したらこんなQ&Aが見つかりました。

連動タップの音について

なんと、私の所のトラブルはこの質問者さんと全く一緒。
このQ&Aでは問題解決になっていませんが、SOHO TAPというパソコン連携タップではIntel iMacが使えないことは確かなようでした。

そこで、またまた調べるとサンワサプライのパソコン連動タップ TAP-RE37MというテーブルタップがiMacにも対応しているようで、このシリーズをiMacで使っている人のレポートがいくつか見つかりました。
どうもiMacはPPC MacやPCとは違うようですね。

2010-11-19

iMac購入作戦 結局Mac整備済製品でCore i7機をオーダー

遂に久々のMac、ポチりましたよ。

現在使用しているPowerMac G5 2.0G Dualの買い換えについて、かれこれ1年以上悩んでましたからね。
2009年秋には27インチiMacが発売されたので買う気満々でした。
でも、出荷当初に液晶の不良問題が発生。
そのためしばらく様子見てました。
買い換えが遅れたのにはもう一つ、ビデオ編集のために購入していたiLife 09。

さらに、iLife09の後継ソフトの登場が予想に反して遅れること遅れること・・・
遂に今年の夏にはiLifeより先にiMacがモデルチェンジしちゃいました。

これで買い換えのタイミングが狂っちゃいました。

ただラッキーだったのは、今年の7月の新型iMacが為替の関係からか突如値下げされたので、Core i7にアップグレードしても20万円を切る価格でiMacが手に入るようなりました。

でもCPUをCorei7にアップグレードするためにはApple Storeに直接頼まなくちゃいけないので、ヤマダみたいに18パーセントのポイントバックは期待できません。
安く買うためにヤマダでiMacのCorei5にすることも考えました。

さらにはwebのApple Storeの整備済製品にも注目しました。

アップル整備済製品とは、
店頭商品、返品商品、初期不良品などを修理調整し、新品水準並みの品質を確認したアップル認定製品です。新製品同様、1年間の特別保証書をお付けしております。

と書かれており、私も過去にiPod 60Gを購入しているので整備済製品でも良いと考えてました。

そこで、少し注意してMac整備済製品サイトを見るようにしました。
すると、11月12日に整備済製品のサイトに更新があったんです。

そこには
iMac 27インチ 2.8GHz Quad-Core Intel Core i7 (09年10月モデル) ¥144,800
があったんですね。

そう、現行モデルではなく昨年10月に出たモデルですが、Apple Storeでアップグレードしないと手に入らなかったCore i7が税込15万円を切って手に入るんですよ。
しかし、この日は整備済製品に出ていることに気がついたのが遅かったためこのモデルは売り切れていました。

すると今週の月曜の15日に再度Core i7モデルが登場しました。
この時はサイトにアップされてあまり時間が経っていなかったため整備済製品のページにアクセスした時にはまだこのモデルが表示されました。
この時、ポチッたのですが・・・・

どうもタッチの差で遅かったようで、リロードしたらもうCore i7モデルは消えてました。

そして本日の夕方、整備済製品のサイトを確認したところ午前中にはなかったiMac 27インチが登場していたんです。
これはおかしいと思ってリロードしてみると午前中にはなかったモデルがずらっと登場したじゃないですか。
大慌てでCore i7モデルを探し購入ボタンをポチっとすると・・・・

今日は無事に注文できました。

ところで、iMac 27インチ 2.8GHz Quad-Core Intel Core i7はCPUをアップグレードする特殊なモデル。
そのためか、整備済製品のサイトに出ても瞬間で無くなるようです。
その証拠に11月18日に整備済製品が出たことを報じるMacの情報サイトを見てみると

・iMac 21.5インチ 3.06GHz Intel Core 2 Duo ¥76,800
・iMac 21.5インチ 3.06GHz Intel Core 2 Duo ¥91,800
・iMac 21.5インチ 3.06GHz Intel Core i3 ¥92,800
・iMac 21.5インチ 3.33GHz Intel Core 2 Duo ¥107,800
・iMac 21.5インチ 3.2GHz Intel Core i3 ¥114,800
・iMac 27インチ 3.2GHz Intel Core i3 ¥131,800
・MacBook 2.4GHz Intel Core 2 Duo ¥79,800
・MacBook Pro 13インチ 2.4GHz Intel Core 2 Duo ¥92,800
・MacBook Pro 13インチ 2.66GHz Intel Core 2 Duo ¥114,800
・MacBook Pro 15インチ 2.4GHz Intel Core i5 ¥134,800
・MacBook Pro 15インチ 2.53GHz Intel Core i5 ¥145,800
・MacBook Pro 15インチ 2.8GHz Intel Core 2 Duo ¥169,800
・MacBook Pro 15インチ 3.06GHz Intel Core 2 Duo ¥190,800
・MacBook Pro 15インチ 2.66GHz Core i7 256GB SSD ¥224,800
・MacBook Pro 17インチ 2.8GHz Intel Core 2 Duo ¥157,800
・MacBook Pro 17インチ 2.8GHz Intel Core 2 Duo ¥177,800
・MacBook Pro 17インチ 2.66GHz Intel Core i7 ¥188,900
・MacBook Pro 17インチ 3.06GHz Intel Core 2 Duo ¥199,800
・MacBook Air 13インチ 1.86GHz Intel Core 2 Duo ¥74,800
・Mac Pro 2.66GHz Quad-Core Intel Xeon ¥194,800
・Mac Pro 2.93GHz Quad-Core Intel Xeon ¥264,800
・Mac Pro 2.26GHz 8-Core Intel Xeon ¥278,800
・Mac Pro 2.93GHz 8-Core Intel Xeon ¥361,800
・AirMac Extremeベースステーション ¥12,500
・Time Capsule - 500 GB ¥21,800
・Time Capsule - 1TB ¥25,400
・Time Capsule - 2TB ¥40,400


気になる、記になる… さんより

このように、iMac 27インチ 2.8GHz Quad-Core Intel Core i7が入っていません。
しかし、こうして替えた人間がいるので、の違いなく販売されてました。
Apple Storeの注文履歴を確認すると、出荷準備中となっており、出荷予定日: 1-3営業日
お届け予定日: 2010/11/20 - 2010/11/26 なので、無事に届くのを待ちたいと思います。

2010-10-14

10月20日開催の「Back to the Mac」イベントでiLife 11は発表されるかな?

随分Blogを更新してませんでした。
久しぶりです。

今朝知ったんですが、Appleが来週20日(日本時間では21日)にMacに関するイベントを開催するとのこと。
久しぶりのMac関連のイベントとあって、招待状のデザインから、次期Mac OSX10.7のコードネームはチラ見えしてるライオンだろうと予想している人が多いですね。

Event1020

他にも、MacBook Airのモデルチェンジにも期待がかかっているようですが、私はやはり「アレ」に期待してます。
私の場合はもちろん、iLifeの新版ですね。


現在販売されているiLife '09は2009年1月に発売されたとのこと。
かれこれ2年近くバージョンアップしていないという、iLifeは忘れられた商品になりかかっていましたが、これでやっと息を吹き返せそうです。

MacBook Airとならんで、MacBook ProやMacBook、さらにはデスクトップのiMacの新型の噂も同時に出てはいますが、iMacなんてiLifeと比べたらつい昨日といっても良いくらいの7月に新型が出てますので、さすがにそれはないと思います。
でもひさびさのMac関連のイベントとあってMacファンの夢はふくらむばかりです。

PowerMac G5を使っていて買い換えをiLifeの新版が出る頃と考えていた私にとっては、今回のイベントで発表される内容は非常に興味のある所です。

New iLifeの登場に期待してます。

より以前の記事一覧